川崎区・幸区版 掲載号:2020年5月29日号 エリアトップへ

川崎区の地域団体 広場で飲食店支援 港町のマンション活用

社会

掲載号:2020年5月29日号

  • LINE
  • hatena
小堀さんと中園さん(左から)
小堀さんと中園さん(左から)

 川崎区を拠点に地域活性に取り組むカワサキサーカスプロジェクト実行委員会は、同区のマンション敷地内の公共スペースを活用し、地元飲食店のテークアウト販売を支援している。

 販売はマンションの居住者向けに実施しており、窯焼きピザ、焼きそば、牛串など豊富なキッチンカーが出店。発起人で同実行委員会の小堀良治さんは、新型コロナの影響で売上が落ち込む飲食店が公開空地を活用し、販売活路を見出しているニュースを見て企画を発案。公開空地がある港町のマンション群、リヴァリエには3棟で計1300世帯ほどが居住しており、ファミリー層も多い。小堀さんは「販売場所を欲している飲食店だけでなく、食事作りに苦労するファミリー層にも需要があるのでは」と話す。

 川崎区貝塚を拠点に飲食店経営やキッチンカー業を営む「PARLOR ZONO」の中園朋也さんは、週に数回ハンバーグ料理を出店。「50食が即完売。土日は店舗に会社員の方も来ないため、需要がある場所に出店できるのはありがたい」と話す。

 リヴァリエA棟管理組合の中村富将理事長によると、当初懸念していた衛生面や3密の心配もルールを設けて販売しているためほぼ無く、住民やマンション理事会の反応も良好だという。中村理事長は「コロナが収束してからも来ていただきたい」と歓迎する。

 小堀さんは「公開空地は基本的に私有地のため取り扱いが難しいが、マンション関係者、市などの協力もあり活用できた。単なる通行路や空き地になってしまっている空間を有効に使うことで、地域活性につながるのでは」と語った。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

「ボラ経験なし」7割

幸区内高校

「ボラ経験なし」7割 社会

興味ありは半数強

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

市民ミュージアム取り壊し

市民ミュージアム取り壊し 文化

日程は未定 移転再建へ

9月17日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 社会

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

夏の感動をもう一度

ミューザ川崎

夏の感動をもう一度 文化

ダイジェスト映像公開

9月17日号

拉致問題、理解深めて

拉致問題、理解深めて 社会

10月2日 市民のつどい

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook