川崎区・幸区版 掲載号:2020年5月29日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 市、芸術活動に奨励金 ライブ動画制作など5万円

文化

掲載号:2020年5月29日号

  • LINE
  • hatena
母校・生田中学校で演奏する国府さん=2017年
母校・生田中学校で演奏する国府さん=2017年

 川崎市は、新型コロナウイルスの影響で活動の場が制限されている文化芸術の担い手を支援しようと、動画制作活動を対象にした奨励金を交付する。5月25日から応募を受け付けている。

 奨励金の対象事業は、「文化芸術作品や文化芸術に関する子ども向けコンテンツ等のインターネット用動画の新規制作」。ダンスや演奏、絵画のライブ制作、アニメーションの短編映像といった作品や、楽器演奏の解説、自作紙芝居の上演といった子ども向けの動画の企画を募集する。採択後、制作された動画は動画投稿サイト・ユーチューブの「川崎市文化芸術応援チャンネル」で公開。活動を支援するとともに、動画投稿を通じて市民が文化芸術に触れる機会の提供を目指す。

 申請できる人は、市内を拠点に活動実績があり、文化芸術活動による収入で生計を維持している、イベントの中止等で収入の減少が見込まれるなどの条件を満たす個人やグループ。奨励金は1人あたり5万円(グループは最大30万円)で、事業全体で600人相当の交付を予定している。

 ピアニスト 国府さんが応援

 同チャンネルでは5月19日から、多摩区出身で市民文化大使のジャズピアニスト・国府弘子さんの応援メッセージとピアノ演奏を公開。動画で国府さんは「この困難を乗り越えて、これからの未来の素晴らしい思い出のために」と語り、自身が作曲した曲「忘れないよ」を披露している。

 奨励金の応募は6月10日締切(状況により早期終了の可能性あり)。詳細は市ウェブサイト内「川崎市文化芸術活動支援奨励金のご案内」。問い合わせはメール(25kw-art@city.kawasaki.jp)。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

「ボラ経験なし」7割

幸区内高校

「ボラ経験なし」7割 社会

興味ありは半数強

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

市民ミュージアム取り壊し

市民ミュージアム取り壊し 文化

日程は未定 移転再建へ

9月17日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 社会

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

夏の感動をもう一度

ミューザ川崎

夏の感動をもう一度 文化

ダイジェスト映像公開

9月17日号

拉致問題、理解深めて

拉致問題、理解深めて 社会

10月2日 市民のつどい

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook