川崎区・幸区版 掲載号:2020年7月17日号 エリアトップへ

川崎市中体連 「中学総体」集大成に 3年生唯一の公式戦 開催へ

スポーツ

掲載号:2020年7月17日号

  • LINE
  • hatena
先月、練習を再開した宮内中学校バレーボール部
先月、練習を再開した宮内中学校バレーボール部

 川崎市中学校体育連盟などは9月から10月に予定されていた「川崎市中学校総合体育大会」を予定通り行うことを決めた。感染症防止のため全国大会や地区予選が中止になる中、市大会が3年生にとって唯一の公式戦になる。同連盟は「コロナで心を痛めている生徒が多い中、全ての思いをぶつける集大成の場にしてほしい」と願いを込める。

 市教育委員会、市立中学校校長会、市中学校体育連盟の3者で検討を重ね7月9日、開催すると発表した。同連盟は「修学旅行との日程調整など今後進めていくが、これまでの成果を発揮してほしい」としている。

 今年は全国中学校体育大会が中止になったため、地区予選などほぼ全ての大会が見送りとなった。部活動も休校中の2カ月間以上は活動できない状況が続き、6月の学校再開以降も、制限の中での活動を強いられているという。

 宮内中学校陸上部顧問の池田龍之介教諭は、「大会がなくなり、3年生は目標がない状態だった。開催が決まり、生徒たちも喜んでいる」と話す。今年の夏休みは2週間と短く、練習は例年通りの時間や量を確保できない状況が続くが、前向きにとらえる生徒も多い。同校男子バレーボール部主将のカズンズ海さんは「昨年11月に市ベスト4。それを上回るため練習してきたが、春も夏も大会は中止。中学最後の大会で上回りたい」と話し、女子バレーボール部の奥谷みみさんは「休校中も皆で集まって練習した。1回戦を突破したい」と抱負を語った。

エリア制も検討

 大会の日程は9月19日〜10月18日。全15種目、17競技で行われ、生徒1万3000人が参加予定。大会スケジュールなどは7月下旬に決まる見通し。例年は全市エリアのトーナメントを実施しているが、感染防止のため競技によっては、区ごとや南北などエリア制も検討されている。

 今年初めての試みとして、各競技の優勝チームには「市長賞」、参加した3年生全員には参加賞が贈られる。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

「やってみたい」後押し

NPO団体

「やってみたい」後押し 社会

東田公園活用で地域つなぐ

10月23日号

「紙ねんど」で文具大賞

「紙ねんど」で文具大賞 社会

久保田社長、喜び語る

10月16日号

「違法駐輪」に困惑

銀柳街

「違法駐輪」に困惑 社会

駐輪場移設が影響か

10月16日号

初の機能別団員 誕生

川崎消防団

初の機能別団員 誕生 社会

大規模災害など活動限定

10月9日号

「医療に寄付」3千万円超

ふるさと納税

「医療に寄付」3千万円超 経済

市、税収流出に歯止め

10月9日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク