川崎区・幸区版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

市遺族連合会 戦後75年目の慰霊法要 コロナ下も祈り絶やさず

社会

掲載号:2020年11月6日号

  • LINE
  • hatena
西明寺で焼香をあげる遺族会会員ら
西明寺で焼香をあげる遺族会会員ら

 市内7区の戦没者遺族会でつくる川崎市遺族連合会が10月31日、西明寺(中原区)で慰霊法要を行った。例年、川崎市総合福祉センター(中原区)で同時開催されていた市と共催の「川崎市戦没者追悼式」は中止されたが、平和への祈りを絶やさないため慰霊式は会場を移し、規模を縮小して開催。当日は「密」を避け、参加人数を各区4人までに制限し実施時間も短縮した。市仏教会(渡辺新治会長=西明寺)の協力を得て、会員24人が太平洋戦争で犠牲となった故人の冥福を祈った。

 同連合会の安齊久男会長(宮前区在住)は「慰霊できなければ、遺族会の存在意義の一つがなくなってしまう。市内の戦没者名簿には8167人の名前がある。やらないわけにはいかなかった」と話した。

進む高齢化会継続に課題

 市遺族連合会の会員数は、記録がある1997年時点では2697人だったが、現在は1019人までに減少している。安齊会長によると近年は高齢化が進む中、年に約50人のペースで減少が続いているという。

 戦争の悲惨さや平和への祈りを次世代へ継続するため、孫やひ孫世代を対象にした青年部を創設するも、会員減少に歯止めがかからない現状がある。横浜遺族会など、他地域では解散を決めた遺族会もある。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

感動を共有する施設に

チッタグループ

感動を共有する施設に 社会

コロナ禍で迎える100周年

1月28日号

スマホで所得税申告

スマホで所得税申告 社会

川崎南税務署が教室

1月28日号

幸区2チームが優勝

幸区2チームが優勝 スポーツ

SAIWAIなでしこ杯

1月28日号

新人声楽コンクール

カルッツかわさき

新人声楽コンクール 文化

市民50組100人を招待

1月28日号

意欲育む教育方法一冊に

元校長らが執筆

意欲育む教育方法一冊に 教育

「授業で役立ててもらいたい」

1月28日号

梅ほころび、境内に彩り

梅ほころび、境内に彩り 文化

川崎区 石観音堂

1月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook