川崎区・幸区版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

川崎F ケンゴ、今季限りで引退 市、功労賞贈呈を検討

スポーツ

掲載号:2020年11月6日号

  • LINE
  • hatena
引退会見する中村選手  ©川崎フロンターレ
引退会見する中村選手  ©川崎フロンターレ

 サッカーJ1・川崎フロンターレの中村憲剛選手(40)が11月1日、ウェブ上で会見を開き、今季限りでの現役引退を発表した。クラブ一筋18年、「川崎の顔」としてチームを牽引。会見前日の公式戦ではゴールを決める活躍を見せ、市民から「まだ早い」と引退を惜しむ声が聞かれる。市は「長年の功績を踏まえ、何かしなければならない」と、功労賞を贈る検討に入った。

 会見で中村選手は引退の理由について「35歳を過ぎた時点で40歳で区切りをつけると判断した」と明かした。また、「サポーターの存在なしでは今の僕は100%存在しない。フロンターレのサポーターには後押しし続けてもらった」と長年の応援に感謝した。

 中村選手は1980年生まれ。2003年に入団し、04年のJ2優勝に貢献。17、18年のリーグ優勝、19年のYBCルヴァン杯制覇の立役者となった。16年にはJリーグ最優秀選手賞を獲得。日本代表にも選出され、10年のW杯南アフリカ大会メンバーにも名を連ねた。10年と16年には川崎市スポーツ特別賞を受賞。ピッチ外では市内児童養護施設への訪問など児童虐待防止活動にも力を注ぐ。

 川崎区大師駅前在住で同クラブ創成期から支えた名物サポーターの故石渡俊行さんの母・美彌子さんは「息子が亡くなった時には、自宅にお線香をあげにまで来てくれた。プレーヤーとしてだけでなく、人間的にも素晴らしい方。引退は非常に残念で寂しくなりますが、いつかは指導者として戻ってきてほしい」と語った。

 福田紀彦市長は2日の記者会見で「このタイミングでの引退は気持ちとして受け止めがたい。川崎のことをとても愛して下さったかけがえのない存在」と残念がった。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

門前町 コロナで人まばら

門前町 コロナで人まばら 社会

売り上げ激減、商店悲鳴

1月22日号

「夫婦別姓」求め始動

幸区在住岡田さん

「夫婦別姓」求め始動 社会

市議会意見書可決めざす

1月22日号

幸区にSDC(ソーシャルデザインセンター)開設

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 社会

感染防止へマスク会食も訴え

1月8日号

清水さん、須山さん認定

かわさきマイスター

清水さん、須山さん認定 経済

プラ塗装、そば分野で高評価

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク