川崎区・幸区版 掲載号:2020年12月4日号 エリアトップへ

市民アンケート 居酒屋利用「ない」6割 6月以降も自粛傾向

社会

掲載号:2020年12月4日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は11月17日、市民の意識を調査する「かわさき市民アンケート」の結果を公表。緊急事態宣言下、解除後における生活行動などについて調査した。

 緊急事態宣言下は「居酒屋や飲み屋等の利用」「旅行やレジャー等での外出」「趣味やサークル活動等での外出」の3項目で「全くない」が75%を超えて高かった。解除後は居酒屋等の利用が「全くない」は62・7%、他2項目も50%以上を占め、依然自粛傾向がうかがえる。

 新型コロナ感染については78・8%が「恐怖心を感じている」と回答。この他、感染以外の懸念として「いつまで続くのか見通しがわからないという不安」が39・5%、「収入や雇用といった経済的不安」が16・4%という結果となった。

人権オンブズパーソン7割「制度を知らない」

 アンケートでは市が設置している「人権オンブズパーソン」「市民オンブズマン」制度の認知状況も調査された。人権に関する相談窓口となる人権オンブズパーソンについては74・1%、市政に対する苦情申し立てなどを受け付ける市民オンブズマンについては59・3%が「制度を知らない」と回答。

 この調査は市内在住の18歳以上を対象に9月4日から14日までインターネットモニター登録者から1500件の有効回答を集めた。調査結果は市役所情報プラザなどに配架。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

「思いよ、天まで届け」

「思いよ、天まで届け」 文化

東小倉小でどんど焼き

1月22日号

2020年あなたのベスト映画は何?「かわさきシネマアワード」開催

アマ落語家、渾身の寄席

アマ落語家、渾身の寄席 文化

30日、かわさき宿交流館

1月22日号

川崎市、新型コロナワクチン接種訓練実施へ

【Web限定記事】

川崎市、新型コロナワクチン接種訓練実施へ 社会

27日 全国自治体で初

1月22日号

黒岩知事が商店街視察

黒岩知事が商店街視察 社会

外出自粛を呼びかけ

1月22日号

スマホで119番通報 聴覚、発話障害により音声での緊急通報が不安な人に

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク