川崎区・幸区版 掲載号:2021年1月15日号 エリアトップへ

春の訪れ、石観音堂で 梅ほころび始める

社会

掲載号:2021年1月15日号

  • LINE
  • hatena
梅の花に見入る人たち
梅の花に見入る人たち

 春の訪れを告げる梅の花が川崎区観音の石観音堂で咲き始めた。

 石観音堂は明長寺(川崎区大師本町)の境外仏堂。寛文5年(1665年)に開かれ、長年、地域の世話人が管理している。梅は2019年に明長寺の松田亮寛住職(42)が石観音堂のシンボルになってもらいたいとの願いを込めて植樹した。梅の木の大きさは、高さ約3メートル、枝の長さは6メートルほどで1月下旬頃には満開になるとみられている。

 石観音堂では現在、森づくりに取り組み、境内のコンクリートを剥がして水脈環境を整え、庭園の土中環境作りを手掛けている。倉形泰正世話人代表(80)は「コロナ禍でもあり、静かに参拝しつつ観梅を楽しんでいただければ」と語る。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

好評!永代供養墓「博愛の絆」

ガーデン川崎の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは044-355-7700

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

クイズで知るKSF(キングスカイフロント)

福島応援これからも

福島応援これからも 社会

鹿島田  竹内さん母娘

3月5日号

思い出の鉄塔再び

川崎中

思い出の鉄塔再び 社会

モニュメントで日の目

3月5日号

クラブの原点振り返る

フロンターレ天野さん

クラブの原点振り返る 経済

市商連のオンライン講演で

3月5日号

新入学児にマスク贈呈

交通安全母の会

新入学児にマスク贈呈 教育

560枚を手作り

3月5日号

春休みは川崎港へ

春休みは川崎港へ 文化

見学会の参加者募集

3月5日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク