川崎区・幸区版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 SDGs、ジェンダー平等を考える  選択的夫婦別姓・全国陳情アクション 幸区在住の岡田恵利子さんも参加

社会

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
パネルディスカッションで司会を務める岡田さん(右下)
パネルディスカッションで司会を務める岡田さん(右下)

 選択的夫婦別姓・全国陳情アクションが主催するオンラインイベントが2月14日に開催された。「SDGsってナニ?ジェンダー平等ってなぜ必要?in神奈川」と題して2030年までに目指すべき到達地点について、講演やパネルディスカッションを通して考えた。

 サイボウズ(株)社長室フェローの野水克也さんが「SDGsが目指す《持続可能な社会》とは?」をテーマに講演。SDGsを「私達の子どもや孫の時代に豊かな地球、幸せな生活を残す取り組み」と解説した。環境や平等性、経済の視点があることを説明し、働き方の多様性などにも触れた。「子育てや介護などでフルタイムで働けない人の層の中には、実は優れた技術や知識を持った人がいる。出勤・退社時間や勤務日数、服装の自由などを認めることで、そういった人を取り込んでいくことが企業や経済の発展にもつながる」と話した。

 鈴木馨祐衆議院議員(自民党)も登壇。「SDGsとジェンダー平等社会に向けて」と題し、党内での選択的夫婦別姓の議論の状況などについても解説した。

森喜朗氏の発言にも言及

 選択的夫婦別姓・全国陳情アクション川崎支部を立ち上げ、活動している岡田恵利子さん(幸区在住)も後半のパネルディスカッションに参加し、進行役を務めた。パネルディスカッションでは東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長を辞任した森喜朗氏の女性蔑視ともとれる発言についても触れた。参加者らは「あってはならないこと」としつつ、議論の場での多様性について言及した。野水さんは「地位やバックグラウンドなどに関係なく意見を言える環境が大切。女性とか、高齢者とか立場に関わらず、事実と自分の解釈とを分けて議論する必要がある」と話した。

 また、昨年12月に閣議決定された「第5次男女共同参画基本計画」から「選択的夫婦別姓」の文言が削除されたことについて、同アクションメンバーは「大変残念なこと。ジェンダー平等やSDGsに取り組む中で、しっかりと推し進めてほしい」と強調した。

 岡田さんはイベントを振り返り「経済活動をまわしていくためにもジェンダー平等を進めることが大切だと実感した。選択的夫婦別姓の法制化に向けての活動はジェンダー平等への足掛かりになる。困りごとや悩みについても声を挙げ、伝えていくことが大切。今後の活動に生かしたい」と語った。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

住宅地、回復傾向に

川崎区・幸区基準地価

住宅地、回復傾向に 社会

ともに1%超 上昇

10月15日号

地域団体 展示で紹介

地域団体 展示で紹介 文化

29日、30日 プラザ祭り

10月15日号

「言葉・書」自分らしさ表現

秋水書道会

「言葉・書」自分らしさ表現 文化

ミューザ川崎で書展

10月15日号

3選手に市特別賞

富士通レッドウェーブ

3選手に市特別賞 スポーツ

バスケ史上初の「銀」で

10月15日号

公共施設に生理用品

川崎市

公共施設に生理用品 経済

民間が協力、個室で提供

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook