川崎区・幸区版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 戦後75年経て里帰りした「半鐘展」に福田市長が視察 「平和の尊さ学ぶ教材にも」

文化

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
半鐘を見ながら解説を受ける福田市長(奥)
半鐘を見ながら解説を受ける福田市長(奥)

 静岡県富士市内の鉄工所で昨年8月に発見され、戦後75年を経て川崎の地に里帰りした遍照寺(川崎区中島)の半鐘が昨日まで市役所第3庁舎に展示されていた。8日には福田紀彦川崎市長が視察に訪れ、担当者から半鐘に刻まれた文字の解説などを受けた。福田市長は「話を聞いた時は驚いた。地域で大切にしていたものが時を経て故郷に帰ったというのは、まるで感動物語のよう。平和の尊さや歴史を学ぶ良い教材になるのでは」と語った。

 半鐘には「武州橘樹郡河崎領」(現在の川崎市)と刻まれており、市教育委員会事務局文化財課で消されてしまっていた部分の文字を解読したところ、江戸神田の小沼播磨守によって製作され、1711年に講中(檀家などの集まり)から遍照寺に寄進されたものであることが判明した。第2次世界大戦中に武器生産の資源不足を補うための金属類回収令により同寺から供出されたと考えられる。半鐘には供出をうかがわせる「30kg」という文字が大きく書かれており、担当者は「強い溶剤で書かれてしまっているため修復は難しい」という。

 1990年から2001年度にかけて実施された調査によると、戦前から残っている半鐘は市内に6点あるが、今回発見された遍照寺のものが最も古い年代に製作されたという。

4月「川崎大空襲記録展」でも展示予定

 半鐘は、4月に中原区の川崎市平和館で開催される「川崎大空襲記録展」でも展示される予定。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

田島公園に郵便ポスト設置

田島公園に郵便ポスト設置 社会

地域住民の要望実る

11月26日号

特殊詐欺防止で感謝状

臨港警察

特殊詐欺防止で感謝状 社会

川崎四谷上町郵便局長へ

11月26日号

おむすび、ぬり絵で彩り

おむすび、ぬり絵で彩り 文化

29日まで川崎図書館で展示

11月26日号

コロナ第六波に備えて

川崎マリエン

コロナ第六波に備えて 社会

施設に「抗ウイルス対策」

11月26日号

縁つなぎ、高め合う場に

川崎女性経済人「カワジョ会」

縁つなぎ、高め合う場に 社会

勉強会で交流 地域活性へ

11月26日号

Xmasケーキ6種

川崎日航ホテル

Xmasケーキ6種 社会

12月19日まで受付中

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook