川崎区・幸区版 掲載号:2021年2月26日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 市シェアサイクル、川崎駅周辺などへ実験拡大 4月から 既存エリア継続

社会

掲載号:2021年2月26日号

  • LINE
  • hatena
向ヶ丘遊園駅前のシェアサイクル
向ヶ丘遊園駅前のシェアサイクル

 地域活性化や放置自転車抑制などの課題解決に向け、川崎市が2019年から2エリアで取り組んできた「シェアサイクル実証実験」。市は今月16日、今年3月末までを予定していた実験期間を12月末まで延長するとともに、新たに6エリアを加えて実証実験を継続すると発表した。

 市が取り組むシェアサイクルは、専用ポート(駐輪場)で自転車を借り、別のポートで自由に返却できるサービス。電動アシスト付きで、スマートフォンで決済できる。現在は登戸・向ヶ丘遊園駅周辺と殿町・大師河原で実施。昨年は最大で月間2363人が利用した。

 追加されるのは川崎駅周辺、新川崎・鹿島田駅周辺、武蔵小杉駅周辺、武蔵溝ノ口駅周辺、鷺沼・宮前平駅周辺、新百合ヶ丘駅周辺。今後、各エリアを調査して駐輪場の場所や台数を決定。4月初旬に全エリアで設置完了を予定している。

導入にさまざまな声

 中原区で放置自転車対策に取り組む、自転車と共生するまちづくり委員会の川連昌久委員長は「駐輪場の場所を駅周辺に取れるのか気になるが、需要は幅広い世代にあると思う。放置自転車の減少に期待」と話す。また、宮前区全町内・自治会連合会の持田和夫会長は「坂が多い地域では電動アシスト付きでも体力的に厳しい。駅周辺は駐輪場も少なく置ける場所が無いので、利用者は増えづらそう」と話す。

 これらの意見を受けて市の担当者は「課題もあるがシェアサイクルは移動手段が増え、健康にも良い。一度乗ってもらい、利便性を知ってもらえたら」と呼びかける。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

住宅地、回復傾向に

川崎区・幸区基準地価

住宅地、回復傾向に 社会

ともに1%超 上昇

10月15日号

地域団体 展示で紹介

地域団体 展示で紹介 文化

29日、30日 プラザ祭り

10月15日号

「言葉・書」自分らしさ表現

秋水書道会

「言葉・書」自分らしさ表現 文化

ミューザ川崎で書展

10月15日号

3選手に市特別賞

富士通レッドウェーブ

3選手に市特別賞 スポーツ

バスケ史上初の「銀」で

10月15日号

公共施設に生理用品

川崎市

公共施設に生理用品 経済

民間が協力、個室で提供

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook