川崎区・幸区版 掲載号:2021年3月5日号 エリアトップへ

そば職人として2020年度「かわさきマイスター」に認定された 須山 守さん 川崎区大師町在住 62歳

掲載号:2021年3月5日号

  • LINE
  • hatena

追求心はそば道に通ず

 ○…川崎大師の老舗そば屋「松月庵」の4代目。川崎市が優れた技能や技術を持ち、後継者や若手指導にも熱心な職人に贈る「かわさきマイスター」に認定された。「和食と比べて軽く見られがちのそばが認められたということが嬉しい」と喜びを語る。

 ○…家業を継ぐつもりはなかったが大学卒業間際に父親に手伝ってほしいと頼まれ、そばの道へ。スーツ姿で世界中で活躍する学生時代の友人たちが羨ましかった。バブルが崩壊し、どん底に落ちた店を立て直すため、「そば屋の神様」と仰ぐ、神田まつやの主人に教えを請うた。「流行り廃りに惑わされるな、本質を見極めろ」との言葉に、当時流行の内装や器などに凝った「格好いい店」ではなく、小さな子どもが騒いでも大丈夫な家族連れが楽しめる昔ながらの「そば屋」を目指した。40代になった頃、友人たちに「頑張った分だけ客がつくような仕事は羨ましい」と言われ、自分の仕事に誇りを持てるようになった。

 ○…生まれも育ちも大師町。中学時代に天体観測、高校では蝶採集、大学時代はヨット、卒業後はフライフィッシング、ワインなど趣味は変遷。ただ蝶の標本は数千匹、ワインはソムリエの資格を取るなど、突き詰めてきた。この凝り性がそば作りにもつながった。

 ○…そばはシンプルなだけに奥が深い。つゆに使うかつお節は厚めに量を多くし、そばを打つ時は水分の入れ方に独自の方法を使うなど、いいそばを作るための研究に余念はない。時には客からの意見も謙虚に聞く。追いがつおのタイミングなど参考になったこともある。そば打ちは「包丁三日、延し三カ月、木鉢三年」と言われるが、「今まで思うようなそばが作れたことはない。一生勉強だよ」

株式会社サニクリーン東京

【契約社員募集中】女性が大活躍中の職場です!お気軽にお問合せください

https://www.sanikleen-tokyo-recruit.info/contact.html

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

武内 康平さん

3月にボッチャ東京カップ2021で優勝した「川崎ボッチャーレ」メンバーの

武内 康平さん

幸区役所勤務 27歳

4月16日号

増田 宏之(あつし)さん

第21代川崎区長に就任した

増田 宏之(あつし)さん

東京都大田区在住 58歳

4月9日号

小林 雅代さん

平間中学校区地域教育会議主催の卒業記念花火大会実行委員長を務めた

小林 雅代さん

幸区古市場在住 37歳

4月2日号

植田 芳暁さん(本名:大串安広)

60年代のグループサウンズ人気を牽引した「ザ・ワイルドワンズ」のドラムスを務める

植田 芳暁さん(本名:大串安広)

県立川崎高校出身 73歳

3月26日号

片岡 一則さん

「体内病院」の研究リーダーを務める

片岡 一則さん

ナノ医療イノベーションセンター長 70歳

3月19日号

白石 裕子さん

発達障害のある子どもを持つ保護者で作る「星の子フレンズ」代表を務める

白石 裕子さん

川崎区大師本町在住 47歳

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter