川崎区・幸区版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

発達障害のある子どもを持つ保護者で作る「星の子フレンズ」代表を務める 白石 裕子さん 川崎区大師本町在住 47歳

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena

「個性」認める社会に

 ○…「自分の子どもが宇宙人のように思える」―― 。そんな思いから「星の子フレンズ」と名付け、発達障害のある小中学生の保護者の交流の場を仲間3人と作った。就学前は支援体制が整っているが、学校にあがると途端に相談できる場が少なくなるという。日々の悩みやグチを吐き出せるカフェを開催して3年目。情報発信を続ける中で、様々な相談も寄せられるようになった。「情報を得るためにも、息抜きのためにも人とつながることが大切。少しでも気持ちが軽くなれば」

 ○…長男の障害が分かったのは幼稚園のとき。言葉が伝わりにくいといった違和感はあったが、初めての子育て。「こんなものか」と思っていた一方で不安もあった。診断を受け、納得した部分と「障害」というフィルターがかかってしまったという気持ちもあった。周囲から批判されることも多々。「この子自身を見てもらえない」と悔しい気持ちを抱え、思い悩んだ時期を支えてくれたのはママ友や小学校の先生だった。担任からの「障害は関係ない」とのひと言に救われたと感謝をにじませる。

 ○…「真面目で殻を破れない性格」と自身を表する。高校時代に歌舞伎にハマり、大学では舞台美術を学ぶも「無難」の域を越えられない自分に劣等感があった。今、息子と接する中で日々、思いもよらない発想が垣間見える。「すごくうらやましく思うし、うれしい」と頬をゆるませる。

 ○…14年前、結婚を機に大師に移った。「外国人も多く感覚が一つじゃないところがいい」と話す。一方、区内には発達障害の団体や講座がほとんどないことに疑問を投げかける。「個性を貫ける人が生きやすい社会になれば」。相談できる環境が当たり前になることが、その第一歩だ。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

小川 晶さん

第25代臨港消防署長を務める

小川 晶さん

横浜市在住 53歳

5月7日号

間宮 雄二郎さん

4月1日付で川崎消防署長に就任した

間宮 雄二郎さん

東京都大田区在住 58歳

4月30日号

荒川 徹朗さん

第60代川崎臨港警察署署長を務める

荒川 徹朗さん

川崎区富士見在住 58 歳

4月23日号

武内 康平さん

3月にボッチャ東京カップ2021で優勝した「川崎ボッチャーレ」メンバーの

武内 康平さん

幸区役所勤務 27歳

4月16日号

増田 宏之(あつし)さん

第21代川崎区長に就任した

増田 宏之(あつし)さん

東京都大田区在住 58歳

4月9日号

小林 雅代さん

平間中学校区地域教育会議主催の卒業記念花火大会実行委員長を務めた

小林 雅代さん

幸区古市場在住 37歳

4月2日号

ご葬儀のセレモニアグループ

新しい生活様式に合わせたご葬儀をご提案します

https://www.sano-sousai.co.jp/

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter