川崎区・幸区版 掲載号:2021年3月19日号 エリアトップへ

川崎中 昭和初期の八丁畷再現 タイル画で卒業制作

教育

掲載号:2021年3月19日号

  • LINE
  • hatena
作品を前に誇らしげな石川さん(左)と勝山さん
作品を前に誇らしげな石川さん(左)と勝山さん

 市立川崎中学校(川崎区下並木・山本篤校長)を今春卒業した135人の生徒が制作したタイル画が旧東海道沿いの京急八丁畷(はっちょうなわて)駅前に掲げられた。昭和初期の同駅前の風景を再現したタイル画は、生徒らの思い出と共に、昔を知る地域の貴重な財産としたい考え。

 タイル画の大きさは縦85cm、横175cm。駅舎と線路を走る電車、ボンネットバスが描かれている。使用したタイルは1cm弱のもので10色。もとの写真は白黒だったが、美術科の佐藤ゆめ子教諭が昔を知る人や京急に聞きながら作画しやすいように色付けした。バスだけは当時の色が分からず、今の臨港バスを参考にしたという。今年1月から美術の授業と放課後の時間で制作し、3月4日に完成した。

 題材の写真は1929(昭和4)年に同校近くの八丁畷駅を撮影したもの。かつての地域と歴史を知ることのできる貴重な写真で、同校の沖野浩教頭が京急ミュージアム(横浜市西区)に展示されているものを偶然見つけた。同ミュージアム担当者によると八丁畷駅は京急グループがバス事業を始めた場所で、写真は当時の様子が残る唯一のものだという。

 石川愛美(あいみ)さんは「最後にみんなで作ったものが飾られて、思い出が残ってよかった」、勝山珠蓮(しゅれん)さんは「川崎中の生徒が作った作品としてみてもらいたい」とそれぞれタイル画について思いを語った。

作品は2代目

 同じ場所にはかつて下並木町内会が2001年に同校に依頼して制作した安藤広重の浮世絵「東海道五十三次・川崎宿」のタイル画があった。しかし一昨年の台風19号の影響で大きく破損。修復を要望する声もあったが状態があまりにも悪く、同校から町内会に新しく制作することを提案した。

 石渡稔也町内会長は「区政50年、川崎宿400年、市制100年と節目が近いこの時期に地域の歴史を残す記念の絵ができたことに意味があると思う。子どもたちにとっても中学校生活の最後に思い出が作れて本当によかった」と完成を喜んだ。

福祉クラブ生協が働く仲間募集中

幸区内の7つの職場で家事・介護・車での移動サービスなど有償ボランティアも募集

https://rarea.events/event/102062

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

人権の大切さ訴え

オンブズパーソン

人権の大切さ訴え 教育

南河原中で「子ども教室」

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

南北つなぐ「やさいバス」

南北つなぐ「やさいバス」 社会

地産地消めざし 運行開始

11月26日号

歴史刻む写真1千点

渡田山王町故所榮一さん

歴史刻む写真1千点 社会

妻・芙美子さん、区に寄贈

11月26日号

聖火トーチ、リレーで展示

川崎区内4郵便局

聖火トーチ、リレーで展示 文化

東京五輪の感動 地域へ

11月19日号

事故・詐欺防止へ連携

幸警察署

事故・詐欺防止へ連携 社会

第一生命、外郭2団体と協定

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook