川崎区・幸区版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

令和3年第1回定例会 本会議代表質問 公明党市議団レポートVOL22 新型コロナウイルス感染症対策万全なワクチン接種体制の構築を! 公明党川崎市議団 かわの忠正

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena

 今議会では、公明党の代表質問に立ち、新型コロナウイルス感染症対策をはじめ、令和3年度予算案、防災・減災対策、待機児童対策、子育て支援、教育施策、高齢者支援、障がい者支援策など75項目について、皆様の声をお届けしました。

 新型コロナウイルス感染症対策では、万全なワクチン接種体制の構築を訴え、接種体制が明らかになりました。健康福祉局長は、「市内では医療従事者への”先行接種”は2月17日から開始された。さらに市内対象者は、高齢者等への優先接種が約30万人、高齢者以外の基礎疾患を有する方は約17万人、高齢者施設等の従事者が約2万人、その他医療従事者を除く16歳以上の方が約81万人と見込んでいる。接種体制は、集団接種、個別接種、巡回接種の体制構築を進めている。いずれの接種体制も、4月以降速やかに稼働できるよう取り組む。接種券、予診票の発送準備をしており、予約方法はコールセンターとオンライン予約(パソコンやスマートフォンでの申込)の準備を進めており、きめ細かな予約時間の設定が可能になる予定。尚、厚生労働大臣の指示により”接種の実施期間は令和4年2月28日までに終わらせる”としているが、本市は可能な限り早期の接種を完了できるよう取り組む」等、答弁されました。この他、副反応対策、自宅・宿泊療養者への支援強化なども訴えました。

 防災減災対策では、5カ年加速化対策として「(多摩川)流域治水対策、下水道施設の地震対策・老朽化対策に取り組む」「内水ハザードマップを作成。全戸配布し、活用を図る」ことになりました。

 待機児童対策では、新年度は受け入れ枠を認可保育所で1380人、地域型保育事業で205人拡大されることから、地域のニーズに合わせた配置を訴え、「保育ニーズの高まっている地域へ重点的に配備する」ことになりました。

 南武線連続立体交差事業の見直しについては「いつ計画が進み始めるのか市民に示すべき」と訴え、市長は「適宜市民に示し、市議会に報告する」と答弁しました。

かわの忠正

川崎市幸区小向西町3-51

TEL:044-511-0687

http://www.kawano-t.com/

<PR>

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

「リトルベビーハンドブック」作成へ!

小さな赤ちゃんのための母子手帳 県政報告

「リトルベビーハンドブック」作成へ!

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

10月22日号

安心していつまでも住み続けられる川崎市へ

市政報告

安心していつまでも住み続けられる川崎市へ

 日本共産党川崎市議団 後藤まさみ

10月15日号

政権交代で、いのちと暮らしを守る新しい政治を

意見広告

政権交代で、いのちと暮らしを守る新しい政治を

日本共産党 前衆議院議員 はたの君枝

10月15日号

保育園・学校―真剣なコロナ対策を

市政報告

保育園・学校―真剣なコロナ対策を

日本共産党川崎市議団 片柳すすむ

10月15日号

障がい者雇用拡大・大雨災害対策強化を!

市政報告

障がい者雇用拡大・大雨災害対策強化を!

公明党川崎市議会議員団 浜田まさとし

10月15日号

障害・高齢分野連携で「特別障害者手当」の周知を

市政報告

障害・高齢分野連携で「特別障害者手当」の周知を

日本共産党川崎市議団 渡辺学

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook