川崎区・幸区版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

4月1日付で川崎消防署長に就任した 間宮 雄二郎さん 東京都大田区在住 58歳

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena

気遣いで慕われる「兄貴肌」

 ○…2011年から14年まで庶務係長として川崎署で勤務。5年ぶりに戻り、138人の署員をまとめる立場に立った。「地域の人は変わらず人情深くて温かい」。コロナ禍で以前と比べ市民との懇親の場が減ったことに難しさを感じるというが、「工夫して一体感をもって地域の安全を守っていきたい」と語る。

 ○…入局以来、市内では麻生区以外全ての区で勤務した。特別救助隊員や消防局への出向も経験。阪神・淡路大震災の被災地にも派遣され、ヘリで現場に入った。「阪神高速が倒壊している光景は今でも鮮明に覚えている」。災害の恐ろしさとともに消防の責務を改めて感じた。疲弊する被災者を目の当たりにして「『頑張って』じゃなく『頑張ろう』。同じ目線で寄り添うことが大切」と嚙み締めた。

 ○…消防を目指すきっかけとなったのは小学生の頃の写生会。題材にした消防車が「とにかくカッコよかった」と目を細める。大学卒業後、1度目の試験に臨むも不合格。民間企業に就職して営業職を経験したが、夢を捨てきれず働きながら勉強し再挑戦した。民間の経験はきめ細かな気遣いに生きている。部下の仕事は部署が変わっても見守り声をかける。「上司だけどとにかく親身になってくれる。兄貴みたいな存在」と慕われる。

 ○…大学生の頃、トライアスロン宮古島大会が初開催されると聞きつけ、水泳3Km、自転車136Km、フルマラソンに挑戦。240人中、水泳では9位につけた。入局後も「自分の鎧は自分で鍛え上げる」と訓練の際、フル装備で首を痛めるまで懸垂を続けたことも。「落ち着いて確実に任務にあたるためには着実に訓練を積むのみ」。若い署員が増えている今、基本の大切さを改めて伝えていく。
 

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

梅本 誠さん

エンタメ集団「川崎セブンスター」の代表を務める

梅本 誠さん

川崎区中瀬在住 63歳

10月22日号

高田 健二さん

全日本ベテランテニス選手権の男子85歳以上ダブルスの部で優勝した

高田 健二さん

幸区神明町在住 85歳

10月15日号

中村 博基(ひろもと)さん

大師稲荷神社の宮司に就任した

中村 博基(ひろもと)さん

川崎区中瀬在住 41歳

10月8日号

藤原 優子さん

香辛子レシピコンテストで最優秀賞を受賞した

藤原 優子さん

川崎区小田在住 36歳

9月24日号

向坂(さぎさか) 光浩さん

川崎アゼリアの代表取締役社長を務める

向坂(さぎさか) 光浩さん

多摩区在住 60歳

9月17日号

蛯原 帆奈海さん

若者の地域活動を支援する市民団体「川崎ワカモノLab」の共同代表を務める

蛯原 帆奈海さん

幸区南加瀬在住 22歳

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook