川崎区・幸区版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

熱中症 警戒アラート本格実施 市、高齢者への啓発強化

社会

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena
2020年度の川崎市の熱中症による救急搬送者数の割合
2020年度の川崎市の熱中症による救急搬送者数の割合

 環境省と気象庁は熱中症のリスクが特に高い際に発令する「熱中症警戒アラート」を4月28日から開始した。昨年、神奈川県を含む関東甲信1都8県で7月から試行された取り組みで、今年度は10月27日まで全国で本格実施される。

 アラートは気温や湿度、日差しなどからなる熱中症の危険性を示す「暑さ指数」が33以上と予測される日の前日夕方か当日早朝に発表。川崎市は当日、「メールニュースかわさき」などで情報発信する。登録方法は市ウェブサイト(https://www.city.kawasaki.jp/shisei/category/50-8-0-0-0-0-0-0-0-0.html)で確認できる。

 また、環境省のサイト(https://www.wbgt.env.go.jp/)などでも情報を見られる。

65歳以上が半数

 川崎市の熱中症による救急搬送者数は例年、65歳以上の高齢者が占める割合が高い。昨年度は全体の54%にのぼった。

 市はこれを受け、高齢者への予防啓発に力を入れる。インターネットなどによる情報収集が難しい人も多いため、各区役所で実施している町内会会議や、スポーツ大会、イベントに出向き、救急搬送者数の状況や熱中症の具体的な予防法などを直接伝えるという。

 また、7月から8月にかけてはごみ収集車にマグネットポスターを掲示。市民利用施設に看板等を設置し、注意を呼び掛ける。この他、(株)ウェザーニュースを共同研究者として、市内の猛暑日日数の増加などの将来的な予測や、高齢者住居の温度や湿度などの環境を測定し、データ収集や分析を行う。

 この取組は国が公募したモデル事業の一環。市は約850万円の支援を受けて実施する。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

ザ・のんべーずライブ

6月20日

ザ・のんべーずライブ 文化

プラザ田島で

6月11日号

郵便車で火災予防啓発

郵便車で火災予防啓発 社会

3消防署、ステッカー交付

6月11日号

今年も「写真供養」受付

川崎写真師会

今年も「写真供養」受付 文化

市内4カ所で14日から

6月11日号

申し込み超過、抽選に

じもと応援券

申し込み超過、抽選に 経済

6月11日号

こども食堂に役立てて

こども食堂に役立てて 社会

川崎中央RCが寄付金

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter