川崎区・幸区版 掲載号:2021年6月25日号 エリアトップへ

地域とコラボで商品開発 川崎大師「住吉」

社会

掲載号:2021年6月25日号

  • LINE
  • hatena
第1回ミーティングの様子
第1回ミーティングの様子

 川崎大師のお土産の定番となっている「久寿餅」を製造販売する「住吉」と大師地区を拠点に活動する地域団体「大師ONE博(わんぱく)」が新商品を共同開発する「Hack―O(ハッコウ)プロジェクト」をスタートさせた。プロジェクト名は久寿餅の「発酵」と、20年間新商品がなかった過去をたたき切る(hack)意味をかけたもの。

 住吉は1917年(大正6年)創業で川崎大師平間寺の山門前に店を構える。同社の森明弘社長は「これまでも新商品開発に取り組んでみたが、定番となるものを生み出せなかった。自分たちだけのスキルでは難しいし、プロに丸投げでは資金もかかるし、身にならない。今回のプロジェクトでしっかり学び、自分たちの仕事に誇りをもてる取り組みにしたい」と意気込む。

 大師ONE博の杉谷昌彦共同代表は「客寄せのために奇をてらうのではなく、『住吉』を過去から分析し、伝統と理念に根差した商品開発をしていきたい。そのうえで新しいブランドを打ち出せればと思う」と話した。

 6月9日の第1回目のミーティングには住吉から7人、ONE博からはヤフーのデザイナー、NEC玉川プロボノ倶楽部のメンバーなど専門知識を持つ10人が参加。今後、8月下旬まで5回ほどワークショップなどを行う予定。

 森社長は「大師に来るお客さんを楽しませられるような新商品にしたい。年内に開発し、次の正月の目玉になれば」と話した。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

「ボラ経験なし」7割

幸区内高校

「ボラ経験なし」7割 社会

興味ありは半数強

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

市民ミュージアム取り壊し

市民ミュージアム取り壊し 文化

日程は未定 移転再建へ

9月17日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 社会

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

夏の感動をもう一度

ミューザ川崎

夏の感動をもう一度 文化

ダイジェスト映像公開

9月17日号

拉致問題、理解深めて

拉致問題、理解深めて 社会

10月2日 市民のつどい

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook