川崎区・幸区版 掲載号:2021年7月2日号 エリアトップへ

6月30日付で幸区社会福祉協議会会長に就任した 加藤 満治さん 幸区小倉在住 81歳

掲載号:2021年7月2日号

  • LINE
  • hatena

生涯、世話焼き

 ○…地域福祉の推進を目的に活動する社会福祉協議会。幸区社協会長に6月30日付で就任した。これまで日吉第三地区社協会長として会食会、特養ホームの餅つき大会、障害者施設の散歩ボランティアなど地区内での活動に取り組んできた。今後は区社協会長として社協構成団体の要となり、行政や公団体との情報交換も行う。「今は心豊に暮らせる社会のために社協が果たす役割は何かを常に考えている」

 ○…幸区小倉で生まれ育った。小倉が農村だった頃、農作業や祭りなど地域で助け合うことが当たり前だった。「人はひとりでは生きられない。助け合い、心の連携で今の生活がある」と自らの経験を福祉の実践に込める。小倉のまちの発展の過程で、先達が町会や組合などで地域を支えてくれた。若い頃は仕事が忙しく任せきりだったが、定年後、「当時の恩を返すつもり」で社協の仕事に関わるようになった。20年にわたる活動の原動力は地元への愛着、絆。「動けるうちは自分の役割を果たしていく」

 ○…小学5年生で父親を亡くした。中学卒業後は妹、弟の将来を考えて普通高校進学を諦め、家の田んぼ仕事を手伝いながら県立川崎高校の定時制へ通った。大学の夜間部に進学と同時に横浜市職員として働き始めた。中区役所では福祉課長を務めた時に社協とかかわった。「行政の考えも社協の苦労も分かる」ことが両者のつなぎ役として生きている。

 ○…町内会の会計係、小倉神社の役員、小倉公会堂の管理委員会委員長など地域活動でも要職に。昔から世話焼きだった。中学時代は応援団長をやり、昭和40年頃から小学校の同窓会幹事を引き受け、4年に一度欠かさず開催している。「みんな喜んでくれるからやりがいある」と笑う。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

向坂(さぎさか) 光浩さん

川崎アゼリアの代表取締役社長を務める

向坂(さぎさか) 光浩さん

多摩区在住 60歳

9月17日号

蛯原 帆奈海さん

若者の地域活動を支援する市民団体「川崎ワカモノLab」の共同代表を務める

蛯原 帆奈海さん

幸区南加瀬在住 22歳

9月10日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーを務める

小倉 正さん

横浜市中区在勤 77歳

9月3日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

川崎パシフィック法律事務所代表弁護士 44歳

8月27日号

堀田 彰恵さん

公益社団法人川崎市看護協会の会長に就任した

堀田 彰恵さん

中原区在勤 60歳

8月20日号

大野 誠さん

幸区ソーシャルデザインセンター「まちのおと」のロゴマークをデザインした

大野 誠さん

幸区塚越在住 45歳

8月13日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook