川崎区・幸区版 掲載号:2021年7月16日号 エリアトップへ

災害時医療の電源に 市と協定の三菱車

社会

掲載号:2021年7月16日号

  • LINE
  • hatena
人工呼吸器バッテリーを手にPHEV車前に並ぶ関係者
人工呼吸器バッテリーを手にPHEV車前に並ぶ関係者

 川崎市と災害時協定を結ぶ三菱自動車のPHEV(プラグインハイブリッド)車が、人工呼吸器用の外部バッテリーへの充電について、災害時の停電対応策として有効だとする検証結果がまとまった。7月7日には三菱自動車工業と東日本三菱自動車販売、医療監修を行った国立病院機構箱根病院が福田紀彦市長を表敬訪問した。

 三菱自動車の若林陽介執行役員は「医療機器への給電はかねてからの課題だった。これを機にさまざまな場面で貢献をしていきたい」とあいさつ。福田市長は「停電時に不安を感じてきたが、医療機器を使用している在宅患者の方の安心につなげることができる」と語った。

 同車は車内にコンセントを装備(100V AC電源、最大1500W)し、ガソリン満タン、満充電の状態でエンジンでの発電も組み合わせると、人工呼吸器の外部バッテリーを1000個の充電が可能。16個まで同時に充電できる。

 市の担当者は「市内には在宅で人工呼吸器を使用している人が約50人おり、今後はこうした人たちにどう届けるかを具体的に検討していく」と話した。

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

若宮で再び献血

若宮で再び献血 社会

 31日、限定御朱印、記念品も

10月22日号

市バスマップが完成

市バスマップが完成 社会

安全利用のポイントも掲載

10月22日号

銀座街で体験イベント

23、24日

銀座街で体験イベント 経済

ワークショップ、VR体験

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

水道の歴史探る企画展

川崎市給水開始100年

水道の歴史探る企画展 文化

溝口・ふるさと館で

10月22日号

伝統芸能「講談」に親しむ

伝統芸能「講談」に親しむ 文化

17日、交流館で

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook