川崎区・幸区版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

まちの使い方ラボ キックオフイベントに500人 大師・田島支所 活用法検討へ

文化

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena
晴天に恵まれ、多くの人が楽しんだ移動式子ども基地
晴天に恵まれ、多くの人が楽しんだ移動式子ども基地

 大師・田島支所の建て替えと機能再編に向け、活用法などの検討を進める市主催の「まちの使い方ラボ」のキックオフイベントが7月22日、大師公園と大師支所で開かれた。企画は市民参加型で、「やってみたいまちの使い方」を実験的に行う全5回のプログラム。初回は大師公園での「遊び場実験」と、まちづくりに取り組む(株)グランドレベル代表の田中元子さんの講演の2本立てで行われ、500人を超える人が参加した。

「移動式子ども基地」公園に登場

 大師公園には「川崎あそびラボ」として移動式あそび場全国ネットワーク代表の星野論さんによる「移動式子ども基地」が登場。鍋底などを叩いて音を出す楽器や、さまざまな形の段ボールを自由に組み立てるブースなどユニークな遊びに子どもたちは夢中になった。

「自然と人が集う空間づくりを」

 田中さんは冒頭で、「このまちらしさ」とは、歴史的建造物や地元の有名人などではなく、「この街に暮らす人らしさ」と熱弁。実際に手掛けたまちづくりの実例を示しながら、「自然と人が集う空間作り」の重要性を解説した。施設などのハード面はもちろんだが、「そこで何をやるかも大切」と話す。参加者らに「あなたがやってみたいことイコールあなたにしかできないこと。好きなことだからおもしろくなる、その観点を忘れないでほしい」と呼びかけた。

 参加者からは「話を聞いて人が集まる仕掛けがキーワードだと感じた」「枠にとらわれがちだが、自由な発想でいいんだと思った」「行政の施設の中でどれだけできるのか、これから考えていかなければならない」といった声が聞かれた。講演後は地元で活動する市民団体の紹介やトークセッションも行われ、意見が交わされた。

 今後は、12月までかけて企画を立ち上げる上でのポイントを学ぶゼミや、実験の実施に向けた準備などが進められる。

講演に熱心に耳を傾ける参加者ら
講演に熱心に耳を傾ける参加者ら

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

マリンバコンサート

コーナー開設期間を延長

マイナンバー設定支援

コーナー開設期間を延長 社会

12月28日まで

9月24日号

川崎図書館で「二ヶ領用水」展

南武線でクイズラリー

JR東日本

南武線でクイズラリー 社会

10月1日から11月7日

9月24日号

「特別自治市制度」学ぶ

「特別自治市制度」学ぶ 社会

川崎市議会が研修会

9月24日号

若さでまちづくりに邁進

若さでまちづくりに邁進 社会

川崎JC70周年

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook