川崎区・幸区版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

川崎区で不登校を考える親の会を立ち上げた 山中 治子さん 川崎区池上新町在住 53歳

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena

とことん世話焼き

 ○…はじけるような笑顔が印象的。前向きな性格とおせっかいやきから、困っている人がいたら助けずにいられない。子どもの不登校に悩む知人の付き添いで「不登校を考える親の会 川崎の会」に参加。主宰者から川崎区での会の立ち上げを打診され、わが子も不登校だったこともあり人ごとではなく、「縁」だと思い引き受けた。

 ○…自宅は保育園仲間の家族が毎週末、大勢集まり、縄跳びや自転車の乗り方を教えあったりしていた。多い時には50人にもなり「玄関から靴がはみ出して、床が抜けるかと思った」と笑う。長男が小学生の頃には、やはり保育園仲間の子どもを中心に15人くらいが参加する「寺子屋」も開いた。不登校や学校で色々あった子もいて、こうした子どもたちが過ごせる「居場所」をつくりたいと思うようになった。「古くなった自宅を建て替える時に体育館や図書館も造りたい。誰もが出入りできて、異年齢交流ができるようにする。一緒に何かやりたいと言ってくれる保育園仲間の保育士や看護師による子育て相談なども出来ればと思う」と夢を語る。

 ○…家に人が集まるときに片付けが必要で、整理収納の勉強をした。知人にそのことを話すと、自宅の片づけを依頼され、それが口コミで広がり仕事となり、「おかたづけトレーナー」として全国を飛び回る。「床の見えないお宅が大好物」と笑う。掃除ではなく、一緒に片づけをすることでお客さんの意識が変化するのが好き。

 ○…東京都江東区出身。小学生の頃は忘れ物が嫌でランドセルに全ての教科書を入れるような心配性だった。今もそれは変わらず外出の時は大荷物でなんでも持ち歩く。「おかたづけトレーナーなのに、鞄の中は片づけられない」と笑う。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

向坂(さぎさか) 光浩さん

川崎アゼリアの代表取締役社長を務める

向坂(さぎさか) 光浩さん

多摩区在住 60歳

9月17日号

蛯原 帆奈海さん

若者の地域活動を支援する市民団体「川崎ワカモノLab」の共同代表を務める

蛯原 帆奈海さん

幸区南加瀬在住 22歳

9月10日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーを務める

小倉 正さん

横浜市中区在勤 77歳

9月3日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

川崎パシフィック法律事務所代表弁護士 44歳

8月27日号

堀田 彰恵さん

公益社団法人川崎市看護協会の会長に就任した

堀田 彰恵さん

中原区在勤 60歳

8月20日号

大野 誠さん

幸区ソーシャルデザインセンター「まちのおと」のロゴマークをデザインした

大野 誠さん

幸区塚越在住 45歳

8月13日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook