川崎区・幸区版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

市民ミュージアム 「救出」活動を報告 かわさき宿交流館で展示

文化

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena

 令和元年東日本台風により被災した川崎市市民ミュージアムが、「救う過去、つなぐ未来」と題した被災後活動報告展を東海道かわさき宿交流館(川崎区本町)で開催中=写真。観覧無料。期間は10月31日(日)まで。

 同ミュージアムは被災当日、9つの地下収蔵庫全てが浸水し、収蔵品約23万点が水没するという甚大な被害を受けた。直後から絵画や美術品、歴史的資料などの搬出作業を開始。腐敗など作品の劣化を食い止める「応急処置」、専門家による「修復」など、2年が経過した現在も現地で作業は続いている。展示会では、これまでの活動を写真パネルを中心に紹介する。同ミュージアムは「応急処置や修復は未だ道半ばだが、支援や関心を寄せてくださる方々をはじめ、広く当館の現状をご報告できればと考えている」とコメントしている。

 会場の開館時間は午前9時から午後5時まで。休館は月曜(祝日の場合は翌日)。展示についての問合せは市民ミュージアム【電話】044・754・4500。会場についての問合せは東海道かわさき宿交流館【電話】044・280・7321。

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

若宮で再び献血

若宮で再び献血 社会

 31日、限定御朱印、記念品も

10月22日号

市バスマップが完成

市バスマップが完成 社会

安全利用のポイントも掲載

10月22日号

銀座街で体験イベント

23、24日

銀座街で体験イベント 経済

ワークショップ、VR体験

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

水道の歴史探る企画展

川崎市給水開始100年

水道の歴史探る企画展 文化

溝口・ふるさと館で

10月22日号

伝統芸能「講談」に親しむ

伝統芸能「講談」に親しむ 文化

17日、交流館で

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook