川崎区・幸区版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

『川崎の町名』改訂へ 24年の刊行目指す

文化

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
同書を手にする菊地事務局長
同書を手にする菊地事務局長

 市内の地名の由来や沿革をまとめた書籍『川崎の町名』の改訂作業が、このほど始まった。

 同書は、川崎市が日本地名研究所=高津区=に委託して行った地名調査をもとに、1991年に発行。研究員だけでなく文化活動を行う市民団体の協力も得て、文献資料の調査やフィールドワークを重ね10年を経て編纂したものだ。2024年に市制100年を迎えるにあたり、この30年の市内の変貌や、その後の調査で明らかになった事柄などを加筆する。具体的には、中原区や高津区に多いという発刊以降に住居表示が実施された地域や、開発に伴って新たにできた町名、アクアライン以降の湾岸エリアの新事業を中心に改訂を進めていく。

 同研究所は改訂にあたり、一般市民からも参加者を募集。9月に行われた説明会には40人ほどが参加した。事務局長の菊地恒雄さんは「大学生や30〜40代など若手の協力者もおり、市民一体となった活動を形に残せるのでは」と期待する。

 今後は学習会を行うほか、分科会を組織し7区の作業を分担。旧版の読み合わせや修正・加筆箇所の抽出を行い、年度末に中間報告を行う予定だ。3年をかけ、24年6月の刊行を目指す。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

生ごみ再利用考える集い

生ごみ再利用考える集い 文化

1月29日、中原区で

1月14日号

申し込み支援を延長

川崎市

申し込み支援を延長 社会

マイナポイント第2弾で

1月14日号

過去5年で最多の363件

川崎市火災件数

過去5年で最多の363件 社会

原因に連続放火など

1月14日号

密避け、成人の門出祝う

川崎市

密避け、成人の門出祝う 社会

6163人が会場参加

1月14日号

海の環境を考えよう

海の環境を考えよう 教育

30日、マリエンで教室

1月14日号

新春寄席で笑いを

新春寄席で笑いを 文化

1月29日 東海道交流館で

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook