川崎区・幸区版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

川崎F アボカドで「市民一体に」 売り上げ一部 等々力整備に

スポーツ

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena
かわさき応援アボカドを手にPRする谷口選手川崎フロンターレ
かわさき応援アボカドを手にPRする谷口選手川崎フロンターレ

 サッカーJ1・川崎フロンターレは本拠地の等々力陸上競技場の改築整備を後押しするため、「かわさき応援アボカド」ブランドを立ち上げた。「かわさき応援バナナ」に続く第2弾。あさって24日(日)の清水戦でも販売ブースを開設する。

 同クラブの本拠地・等々力陸上競技場をめぐっては、市が球技専用スタジアムとして整備する考えを示している。「市民一体となって愛されるスタジアムづくりをしよう」と、同クラブは、かわさき応援アボカドを立ち上げた。

 1パック4個入りで398円(希望小売価格)で販売。1パック購入ごとに5円が等々力陸上競技場整備基金へ寄付される。ブランド立ち上げには、地元川崎の青果卸会社・東一川崎中央青果(株)とクラブパートナーの(株)ドールが協力した。

 2009年から販売されているかわさき応援バナナは1房売れるごとに3円を同競技場の整備基金に寄付。これまで1千万円が集まり、2015年に完成した競技場のメインスタンド改修工事に寄与した。

 10月14日にオンラインで開かれた会見で鳥津忠安東一川崎中央青果(株)代表取締役社長は「アボカドはだれがいつ食べても美味しく食べることができる」と述べ、多くのサポーターに手にしてもらいたいと願った。藁科義弘同クラブ代表取締役社長は「美味しく食べてよりよいホームスタジアムづくりに協力していただきたい」と呼びかけた。谷口彰悟選手は「選手にとっては球技専用スタジアムでプレーすることは楽しみ。自分たちの力になる。市民と一緒に過ごしやすい等々力をつくっていくことができる」と期待を込めた。

 かわさき応援アボカドは、市内のスーパーや量販店などで販売。

福祉クラブ生協が働く仲間募集中

幸区内の7つの職場で家事・介護・車での移動サービスなど有償ボランティアも募集

https://rarea.events/event/102062

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

人権の大切さ訴え

オンブズパーソン

人権の大切さ訴え 教育

南河原中で「子ども教室」

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

南北つなぐ「やさいバス」

南北つなぐ「やさいバス」 社会

地産地消めざし 運行開始

11月26日号

歴史刻む写真1千点

渡田山王町故所榮一さん

歴史刻む写真1千点 社会

妻・芙美子さん、区に寄贈

11月26日号

聖火トーチ、リレーで展示

川崎区内4郵便局

聖火トーチ、リレーで展示 文化

東京五輪の感動 地域へ

11月19日号

事故・詐欺防止へ連携

幸警察署

事故・詐欺防止へ連携 社会

第一生命、外郭2団体と協定

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook