川崎区・幸区版 掲載号:2021年10月29日号 エリアトップへ

全国防犯協会連合会防犯栄誉銅賞を受賞した 浦野 一吉さん 川崎区池上新町在住 73歳

掲載号:2021年10月29日号

  • LINE
  • hatena

好きなまちに貢献したい

 ○...地域の困り事に真正面から向き合う。東日本大震災を契機に一人暮らしの高齢者や要支援者の見守り活動を始めた。祭りの夜にいつまでも帰らない子どもがネグレクトを受けていたと知り、居場所作りのために学習支援を町内会館でスタートさせた。結果的に詐欺防止や子どもの非行防止につながり、防犯の全国表彰を受けた。持論の「犯罪抑止はコミュニケーション」が実を結んだ形となった。

 ○...子ども会野球部や商店街の人たちなど、地元に育ててもらった思いが強い。「恩返しのつもり」で、30歳から子ども会野球部監督、40歳からは青少年指導員、体育指導員などを務めた。今も保護司、町内会長として地域活動に取り組む。かつて野球部で指導した子どもが、教える立場になっていたり、保護司として面倒を見た子が、子ども連れで「お元気ですか」などと声を掛けてくれる。「活動を続けてきてよかった」と実感できる瞬間だ。

 ○...川崎区出来野出身。小学3年で池上新町に移り住んだ。藤崎小、川中島中、市立川崎商業高(現幸高)と地元校に進学。大手電気機器メーカーの系列会社に長く勤務したが、「いつかは自分で会社経営をという気持ちと、地域活動に割く時間が欲しかった」と52歳で独立した。旅行に行けないなど家族には迷惑をかけたが、理解してくれたことに感謝する。

 ○...49年間連れ添った妻に先立たれ、今は1人で生活。「やっぱり寂しい」が、月に一度、かわいい孫娘が遊びに来てくれると目を細める。仕事に地域活動に忙しい日々を送るが会合の流れで行くカラオケで息抜き。座右の銘「粉骨砕身」の言葉通り、健康なうちは地域貢献するつもりだ。「あと5・6年は頑張りたい」と意気込む。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

高橋 創一さん

今月16日から幸スポーツセンターの館長を務める

高橋 創一さん

幸区戸手本町勤務 35歳

1月21日号

遠藤 由佳さん

「かながわ商店街大賞」特別賞を受賞した鹿島田商店会の会長を務める

遠藤 由佳さん

幸区在住 44歳

1月14日号

垣浪 利之さん

55歳でドラコンのプロ選手になった

垣浪 利之さん

川崎区藤崎在住 55歳

1月7日号

神園 佳昌(よしあき)さん

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した

神園 佳昌(よしあき)さん

幸区下平間在住 35歳

1月1日号

関根 和弘さん

昨年9月から15カ月間、毎日インターネットラジオを配信し続ける

関根 和弘さん

川崎区塩浜在住 61歳

12月24日号

松山 知明さん

川崎市歯科医師会会長に就任し、各種健診などの取り組みを進める

松山 知明さん

中原区在勤 62歳

12月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook