川崎区・幸区版 掲載号:2021年11月5日号 エリアトップへ

地域つなぐドングリ飾り  書店店主 作り続け10年

社会

掲載号:2021年11月5日号

  • LINE
  • hatena
桜本商店街では専務理事を務める小室さん(上)とドングリのオブジェ
桜本商店街では専務理事を務める小室さん(上)とドングリのオブジェ

 桜本商店街にある「桜文堂書店」の店主・小室保夫さんは、買い物客へのプレゼントとしてドングリのオブジェを制作し続けて約10年になる。「やめるにやめられなくなってしまったところもあるが、喜んでくれる人がいる限り、作り続けたい」と小室さんは語る。

 小室さんは創業約80年の歴史を持つ同店の3代目店主。オブジェ作りのきっかけは10年ほど前。道端に落ちたドングリを眺める親子の姿を見かけ「最近の子はドングリで遊ばないのかな」と疑問に思ったことだった。幼少時代、ドングリを使ってこま回しなどで楽しんだ小室さんは「子ども達が喜ぶ何かができないか」と思いを巡らせ、ドングリの形がアニメキャラクター「トトロ」に似ていることに気が付いた。絵筆を取り、ドングリの表面に顔を描き、店内に飾ると、買い物客から「欲しい」との要望が相次いだ。以来、仕事の合間を見てはオブジェをこしらえるようになった。

 ドングリは池上新田公園で拾い集めている。そんな取り組みが知られるようになり、5〜6年前からは小室さんのもとに、ドングリを届ける人も現れるようになった。「そんな人たちの期待にも応えなければ」と小室さんは作り続けているのだという。

 何気なしに制作しているオブジェだが、その日の体調や気分によって表情が変わる。「気分が乗っているときに作り上げたものは、目が大きくなって何となく愛想がいい。感情が乗り移って出てくるんだね」。オブジェも進化を重ね、今年は1センチ×5センチに切ったボール紙に、ドングリ2個、そして初めて枝を取り付けてみた。「木を入れただけで締まった作品になった」と評判で小室さんは9月下旬から10月にかけてすでに約150個制作したという。

 「家にもドングリオブジェが置いてあるわよ」。これまで会ったことのない人からも声をかけられるようにもなった。作り方を教えてほしいとの依頼もある。インターネットの普及で、書店を取り巻く環境は近年厳しさを増し、買い物客と接する機会は減少。同商店街で毎年11月に開かれている一大イベント「日本のまつり」も昨年からコロナ禍で中止を余儀なくされている。まちの賑わいが失われていくことに小室さんは危機感を募らせる。地域住民とのちょっとした交流ツールとなるドングリオブジェ。「コロナが収束すれば、商店街の祭りでも活用したい」と語る。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

惣之助の偉業、映像化

映画監督喜屋武さん

惣之助の偉業、映像化 文化

今秋公開目指す

1月14日号

芝がつないだ名将との縁

市立川崎高サッカー部

芝がつないだ名将との縁 スポーツ

故・小嶺忠敏さん秘話

1月14日号

鹿島田商店会 特別賞に

かながわ商店街大賞

鹿島田商店会 特別賞に 社会

オンライン活用企画が評価

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

川崎の新時代へ「挑戦」

川崎の新時代へ「挑戦」 政治

福田市長、2022年を語る

1月1日号

六郷橋からクルーズ船

市民有志計画

六郷橋からクルーズ船 経済

今春にも実証実験

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook