川崎区・幸区版 掲載号:2021年11月12日号 エリアトップへ

幸消防署 爆弾テロ対応訓練で連携

社会

掲載号:2021年11月12日号

  • LINE
  • hatena
要救助者をテントに運ぶ署員
要救助者をテントに運ぶ署員

 幸消防署(望月廣太郎署長)は11月8日、キヤノン矢向事業所で爆弾テロ対応合同訓練を行った。幸消防署(臨港消防署特殊災害対応隊含む)、幸消防団、幸区役所、幸警察署、キヤノン矢向事業所、川崎幸病院、田村外科病院から約80人が参加した。

 キヤノン矢向事業所の建物内で原因不明の爆発が発生し、けが人が多数発生しているという想定で、テロ災害初動対応、現場指揮本部運用、負傷者の救出・救護・搬送といった訓練が行われた。

 神奈川県災害医療コーディネーターでもある田村外科病院の田村哲郎院長によれば、爆弾は簡単な材料で作ることができるため、危険は常に潜んでいるという。そのうえで「救護活動に際しては心に余裕をもって、自分の命を守ることも大切にしてほしい」と話した。

 望月署長は「集客施設や交通機関、大企業などテロの標的になる場所はたくさんある。セキュリティは進歩したが、いつどこで起こっても対応できるように準備が必要。連携を確認した今回の訓練を今後の糧にして欲しい」と話した。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

生ごみ再利用考える集い

生ごみ再利用考える集い 文化

1月29日、中原区で

1月14日号

申し込み支援を延長

川崎市

申し込み支援を延長 社会

マイナポイント第2弾で

1月14日号

過去5年で最多の363件

川崎市火災件数

過去5年で最多の363件 社会

原因に連続放火など

1月14日号

密避け、成人の門出祝う

川崎市

密避け、成人の門出祝う 社会

6163人が会場参加

1月14日号

海の環境を考えよう

海の環境を考えよう 教育

30日、マリエンで教室

1月14日号

新春寄席で笑いを

新春寄席で笑いを 文化

1月29日 東海道交流館で

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook