川崎区・幸区版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

日吉商連 「学生支援に役立てて」 幸区社協に寄付

コミュニティ社会

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を手にする高橋会長(右)と内田会長
感謝状を手にする高橋会長(右)と内田会長

 日吉商店街連合会(高橋正会長)と小倉商栄会(内田博正会長)は11月12日、地元の市立看護短期大学の学生を支援しようと、幸区社会福祉協議会(加藤満治会長)にトイレットペーパー180ロール、米25キログラムを寄付した。高橋会長は「地元の看護短大生が大変困っていると聞いた。これからも出来る限り協力する」と語った。

 同社協の大竹薫事務局長によると、社協は新型コロナウイルス感染症の影響で、生活に困っている看護短大生に向け、9月ごろから食料や日用品を提供する支援を行ってきた。

 市立看護短期大学に通う学生の1人(3年)は実習先の病院からコロナ感染回避のためアルバイトを禁止され、現在の収入は実家からの仕送りだけになった。「出費を少しでも減らすうえで支援は助かる。必要な物のリクエストも聞いてくれるのでありがたい」と話す。食料品以外にも、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、洗剤、生理用品などの日用品が助かるという。

 同社協は現在ではより多くの支援のため、区内在住の1人暮らしの学生へと対象を広げており、継続的な支援と物資の充実を図るため、寄付の協力を呼び掛けている。

 支援、寄付に関する問い合わせは幸区社会福祉協議会地域課(【電話】044・556・5500)まで。

支援物資を受け取る学生
支援物資を受け取る学生

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

情報発信学ぶ講演会

情報発信学ぶ講演会 文化

UUUM常務が登壇

1月21日号

人気落語家の慈善寄席

人気落語家の慈善寄席 文化

川崎いのちの電話

1月21日号

4カ月連続で減少

川崎市人口

4カ月連続で減少 社会

コロナ禍、転出増が一因

1月21日号

市内施設に物資寄付

商議所女性会

市内施設に物資寄付 社会

ベビー服や消耗品、480点

1月21日号

「川崎駅西口」発着便を再編

市バス

「川崎駅西口」発着便を再編 社会

井田病院往きを充実

1月21日号

多文化共生テーマに対話

多文化共生テーマに対話 文化

26日から連続講座

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook