川崎区・幸区版 掲載号:2022年1月7日号 エリアトップへ

関幸区長 50周年機に地域再生 コロナ禍、新たな芽に期待

社会

掲載号:2022年1月7日号

  • LINE
  • hatena

 昨年1年間について、関敏秀幸区長は「コロナとの闘いに終始し、正直、何もできなかった」と振り返る。

 そうしたなか、区民で在宅勤務になった人が、交通安全運動を手伝うようになり、これまで見られなかった顔がまちかどに立っていたり、町内会でオンライン会議システム「Zoom」の活用が進んだ。こうした新しい芽が出ていることに期待も寄せる。

 この2年、地域の中で祭りやイベントが行われなかったことで、子どもたちがこれらを知らないまま過ごすなど、地域コミュニティーが崩れてしまっている現状に危機感を抱く。そこを補うために、まちなかでの掃除、フリーマーケット、ゲームなど催しの同時多発的な開催も検討中だ。防災訓練が行えず、コロナ禍での避難方法、避難所運営の仕方などをうまく伝えきれていないことも懸念する。

 今の区の大きな課題は人と人のつながりが途切れ、セーフティーネットのほころびが大きくなっていること。「この解決のために、『ご近所支え愛事業』といった地域の見守りの充実に力を入れたい」と関区長。

記念イベント充実

 幸区は今年、区制50周年を迎える。コロナで緩んだ地域の関係性を再構築するよい機会と捉え、子どもの意見を施策に取り入れることに注力。1月から来年3月までに25以上のイベント、企画を用意し、世代間交流を強固にする。

 昔の写真が現在のどこかを探る歴史スタンプラリーや、鉄道スタンプラリーなどは、同時期に行い区内を巡る仕掛けを考えている。幸区ゆかりの絵本作家、故・かこさとしさんにまつわる企画や、パラスポーツのボッチャ、対戦型コンピューターゲームを競技化したeスポーツなどスポーツイベントも予定している。

 「一緒にコロナを乗り越えて新しい幸区の歴史を共につくっていっていただきたい。そのために声を聞かせて欲しい」と区政への積極的な参加を呼びかける。

福祉クラブ生協が働く仲間募集中

幸区内の7つの職場で家事・介護・車での移動サービスなど有償ボランティアも募集

https://rarea.events/event/102062

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

河原町しんわ念願の初V

河原町しんわ念願の初V スポーツ

春季ドッジボール大会

5月20日号

グラウンド・ゴルフ大会

グラウンド・ゴルフ大会 スポーツ

5月27日 富士通スタで

5月20日号

事業承継の基礎知識講座

市主催

事業承継の基礎知識講座 経済

6月15日 川崎区で

5月20日号

外国人の人権問題、一冊に

外国人の人権問題、一冊に 社会

連絡会が白書発行

5月20日号

上下水道を学ぼう

川崎市

上下水道を学ぼう 社会

夏休みに施設見学会

5月20日号

目指すは関東大会

目指すは関東大会 スポーツ

渡田中ソフトボール部

5月20日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook