川崎区・幸区版 掲載号:2022年2月11日号 エリアトップへ

川崎フロンターレFW(フォワード)で背番号「24」をつける 宮城 天(てん)さん 市立幸高校出身 20歳

掲載号:2022年2月11日号

  • LINE
  • hatena

成長の陰に「考える力」

 ○…地元川崎出身にして、今季の活躍が期待されるプレイヤーだ。プロ入り2年目の昨季はJ1初出場。9月22日の鹿島戦で初ゴールを決め、月間ベストゴール賞を獲得。その後の試合でもスタメンに名を連ね、存在感を発揮。「サッカー人生の中での転機の年」となったという。1月10日のとどろきアリーナでの成人式に出席すると「主に男性ファンだった」が、多くの人に声を掛けられ、ちょっとした有名人になったと実感した。

 ○…今季の目標は「シーズンを通して出場し続けてチームの力になる」ことを掲げる。とはいえ、ポジション争いはし烈だ。「体の強度、スピードや安定感、判断の速さに磨きをかけ、特長を出さなければ勝ち抜くことはできない」と危機感を募らせる。

 ○…サッカー人生の原点の地は、井田杉山公園(中原区)。「夕方6時頃まで毎日のようにサッカーに明け暮れていた」と懐かしむ。小1で入団した橘SCで本格的にサッカーを始め、フロンターレアカデミーでプレー。身体能力だけで思い通りのプレーができたが、高校2年の夏に靭帯を断裂。戦列から離れ、復帰後も力を発揮しきれなかった。「考えるサッカー」を実践し始めたのもこの頃。「この経験がなければ、今がない」という。まさに、けがの功名だ。今キャンプでも、他の選手のボールを持っていない時の動きや立ち位置、コンビネーションなどに目を凝らす。

 ○…川崎駅前の商業施設ラゾーナ川崎は、幸高校時代から慣れ親しんだ場所。今でも買い物などに出かける。また、元住吉の商店街は子どもの頃から毎年フロンターレの選手があいさつ回りに訪れる場所としてなじみ深い。「コロナ明けには凱旋のあいさつ回りをしたい」とはにかむ。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

吉澤 慶太さん

川崎銀柳街商業協同組合の理事長に就任した

吉澤 慶太さん

幸区堀川町在住 57歳

6月24日号

吉田 優輝さん

全日本フルコンタクト空手道選手権大会女子中量級で優勝した

吉田 優輝さん

新極真会川崎東湘南支部川崎道場所属 18歳

6月17日号

立石 有香莉さん

クッション型トランポリンを開発して起業。幸区盛り上げ隊にも参加する

立石 有香莉さん

幸区中幸町在勤 27歳

6月10日号

米澤 奈緒さん

川崎区盛り上げ隊の隊長を務める

米澤 奈緒さん

川崎区出来野在住 41歳

6月3日号

八木 美智子さん

第57回神奈川県看護賞を受賞した

八木 美智子さん

川崎区藤崎在住 60歳

5月27日号

吉田 明宏さん

(株)川崎フロンターレの代表取締役社長に、4月8日付で就任した

吉田 明宏さん

高津区在勤 58歳

5月20日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook