川崎区・幸区版 掲載号:2022年4月29日号 エリアトップへ

県政報告 新時代のがん治療! 県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

掲載号:2022年4月29日号

  • LINE
  • hatena

 「がん」とは、体の設計図である遺伝子が変化し、細胞が際限なく増殖することで体を衰弱させる病気です。この遺伝子の変異に基づいて行う診断・治療を「がんゲノム医療」と言います。がんゲノム医療では「がん遺伝子パネル検査」で複数のがんの遺伝子を一度に調べ、より効果の高い薬剤を特定します。しかし、保険適用となるためには、「標準治療がないまたは標準治療が終了となった固形がんの患者である」などの条件を満たさなければなりません。神奈川県立がんセンターでは、2019年から保険適用の遺伝子パネル検査を実施していますが、がんと闘う県民からは「たとえ保険適用外であっても、初期治療段階からがんゲノム医療を受けたい」との要望が寄せられていました。

ゲノム医療を身近なものに

 そのような県民の声を取り上げた公明党の代表質問に対し、黒岩知事は「がんセンターで的確な治療法が提案できる体制が整ったことから、本年4月より、保険適用外である初期段階からのパネル検査も開始する。この検査では、これまでの検査対象となる遺伝子数よりも多い、500以上の遺伝子を一度に調べるため、患者に合った治療に結びつく可能性がより高くなる。早い段階で原因となる遺伝子変異が明らかになれば、がんが進行する前に適切な治療を受けることが期待できる。県立がんセンターでは、こうした検査対象者の拡大により、がんゲノム医療の選択肢を拡げ、がん患者さんの期待に応えていく」と答えました。

体に優しい核医学治療

 暴走を始めた遺伝子のDNAにダメージを与え、がん細胞の増殖を抑える治療に「放射線治療」があります。放射線を照射する治療だけでなく、放射線同位元素(RIアイソトープ)を医薬品として経口または静脈内投与し、がん病巣部に直接放射線をあてる「核医学治療」が注目されています。苦痛はほとんどなく、正常な細胞への影響も少ないそうです。過日私は三浦のぶひろ参院議員とともに、その現状と課題を調査するため「日本アイソトープ協会(殿町キングスカイフロント)」を訪れました。国民の2人に1人が罹患する「がん」。新たな診療と治療法の開発と普及は急務です。

日本アイソトープ協会を視察
日本アイソトープ協会を視察

西村くにこ

横浜市中区日本大通り1番地

TEL:045-210-7630

https://xn--y8ji5e5170a8y9a.com/

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

意見広告

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

日本共産党神奈川県副委員長 あさか由香

6月17日号

マイノリティを社会の活力に

意見広告

マイノリティを社会の活力に

れいわ新選組 参議院全国第5総支部長 キム テヨン

6月17日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

富士見周辺地区の再編整備計画について

市政報告

富士見周辺地区の再編整備計画について

川崎市議会議員 本間 賢次郎

6月10日号

『フッ化物洗口導入』に向けた第一歩!!

『フッ化物洗口導入』に向けた第一歩!!

小学校等で実施する意義と、保護者からの希望を最優先に!

6月3日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook