川崎区・幸区版 掲載号:2022年5月6日号 エリアトップへ

幸区 防災訓練、若手参加へ一手 親子向け宿泊体験

社会

掲載号:2022年5月6日号

  • LINE
  • hatena
避難所に設営されたテント=イメージ
避難所に設営されたテント=イメージ

 若い世代にも気軽に防災訓練に参加してもらおうと、幸区は「親子で防災キャンプ」と銘打った催しを6月4日(土)、5日(日)に幸区役所で初開催する。宿泊経験を通じて避難所の実態を知ってもらうとともに、いざという時の備えにもつなげてもらいたいとしている。

 幸区では防災訓練を定期的に行う中、参加者の高齢化や固定化が課題となっている。地域防災力を高め、それを継続させていくには、若年世代の参加が不可欠であることから、小中学生を対象にした1泊2日の催しを企画した。区の担当者によると「特に小学校3、4年生は、防災を学ぶ授業が行われていることもあり、防災への関心も高いはず」と期待を込める。また、子どもたちの郷土愛を育む絶好の機会と捉え、区制50周年事業として位置付けたとも説明。区は今回の開催を契機に、ゆくゆくはは幸区内の各避難所で同様の催しを実施していきたい意向だ。

 開催当日は、テントの設営やランタンづくり、避難所運営ゲーム、ラジオ講座、保存食の実食体験などを実施する。翌日には、区の総合防災訓練にも参加する。集合時間は午後5時30分、翌日正午に解散する。

 参加費用は無料で、対象は幸区在住・在学の小中学生とその保護者で定員は20組。1組3人まで応募できる。事前申し込み制で幸区のウェブサイト内の専用フォームから。5月13日(金)まで受け付けている。区の担当者によると、持ち物なしでも参加できるとし、「避難所への避難だけではわからないことが体験できる貴重な機会。みんなの工夫する力と住民同士のつながりを強めて、災害に強い地域を作り上げましょう」と、参加を呼び掛けている。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

ミニカー撮影、ごみ背景に

川崎区浅田神領さん

ミニカー撮影、ごみ背景に 社会

ポイ捨て防止呼びかけ

6月24日号

富士通スタを「青く」

川崎F

富士通スタを「青く」 スポーツ

U-18最高峰の大会で

6月24日号

ハワイ文化でエコ伝える

幸区ゆかりの姉妹

ハワイ文化でエコ伝える 社会

7月2日、殿町でイベント

6月17日号

相談・通告5年で倍に

川崎市内児童虐待

相談・通告5年で倍に 教育

5832件、増加率は低下

6月17日号

観光研究会を発足

川崎商議所

観光研究会を発足 経済

市制100年、インバウンド見据え

6月10日号

「理想の幸」綴り披露

一日区長

「理想の幸」綴り披露 社会

50周年事業、区「実現へ」

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook