川崎区・幸区版 エリアトップへ

ローカルニュースの記事一覧

  • 映画の世界 原作本で

    映画の世界 原作本で 文化

    市立図書館で特集

     「映画の原作本」特集が川崎市立図書館で開催される。「映像のまち・かわさき」推進フォーラムと市立図書館の連携事業で過去に映画化された作品の原作本やノベ...(続きを読む)

    1月1日号

  • 3大巨匠の共演

    浮世絵ギャラリー

    3大巨匠の共演 文化

    「小倉擬百人一首」を展示

     川崎浮世絵ギャラリー(川崎区駅前本町12の1)で、1月5日(水)から2月6日(日)まで「小倉擬百人一首」の展示が行われる。 小倉百人一...(続きを読む)

    1月1日号

  • 寅年で見る川崎・幸

    寅年で見る川崎・幸 社会

     2022年は寅年。川崎区・幸区にまつわる寅年の出来事を振り返ってみた。 古くは1914年、多摩川の氾濫に苦しんでいた、当時の御幸村(幸...(続きを読む)

    1月1日号

  • 若宮八幡宮で再出発

    旭町一丁目子ども山車

    若宮八幡宮で再出発 文化

     譲渡先を探していた川崎区旭町一丁目町内会(土屋英治会長)の子ども山車について、若宮八幡宮(川崎区大師駅前/中村博行宮司)が引き取ることになった。同神社は夏祭り...(続きを読む)

    1月1日号

  • ジョンソンタウンで評価

    渡辺治建築都市設計事務所

    ジョンソンタウンで評価 社会

    グッドデザイン賞金賞アジア都市景観賞

     日本デザイン振興会が主催したグッドデザイン賞で昨年、川崎区鋼管通の「渡辺治建築都市設計事務所」(渡辺治所長)が手掛けた埼玉県入間市の「ジョンソンタウン」が、金...(続きを読む)

    1月1日号

  • 川崎・幸区で新たに各1件

    市地域文化財

    川崎・幸区で新たに各1件 文化

    2年ぶりに地元から

     市民生活や地域風土に根ざして継承されてきた文化財を市が新たに顕彰する「川崎市地域文化財」。第4回(2021年度)選定で、地元からは川崎区の「稲毛神社御神木大銀...(続きを読む)

    1月1日号

  • 幸区の研究拠点を紹介

    『LOVE かわさき』

    幸区の研究拠点を紹介 文化

    きょう、新春特別番組

     毎週土曜日にtvkで放送されている広報テレビ番組『LOVEかわさき』。1月1日(土)は、新春特別番組を放送する。時間は午前10時30分から11時まで。...(続きを読む)

    1月1日号

  • ハングル入門講座

    ハングル入門講座 教育

    1月17日から市ふれあい館

     川崎市ふれあい館(川崎区桜本)で「ハングル入門講座」が1月17日から開講する。受講料は無料。主催は同館と川崎市教育委員会。 講座は3月...(続きを読む)

    1月1日号

  • 新体制が発足

    川崎JC

    新体制が発足 社会

     一般社団法人川崎青年会議所(JC)の2022年度の新体制が1日に発足した。任期は1年。  執行部は次の通り(敬称略。カ...(続きを読む)

    1月1日号

  • 人として、選手として勇気与える存在に

    木下卓球アカデミー1期生 張本美和選手に聞く

    人として、選手として勇気与える存在に スポーツ

     世界で活躍できる選手の育成を目的に昨年4月、木下グループ(東京都/グループCEO・木下直哉)が川崎区藤崎に開校した「木下卓球アカデミー」。その1期生...(続きを読む)

    1月1日号

  • 献血に協力を

    献血に協力を 社会

    大師RC

     奉仕団体・川崎大師ロータリークラブ(RC/牛山裕子会長)は1月4日(火)、京浜急行川崎大師駅前広場で、初詣に訪れる人たちを対象とした献血推進活動を実...(続きを読む)

    1月1日号

  • 7党県代表が年頭所感

    7党県代表が年頭所感 政治

    コロナ禍の重点施策語る

     2022年の年頭に当たり、神奈川県内に組織基盤を持つ国政7政党の県責任者が本紙にコメントを寄せた。 いまだ終息を見せない新型コロナウイ...(続きを読む)

    1月1日号

  • 車両火災に備え

    【Web限定記事】横浜トヨペット

    車両火災に備え 社会

    川崎市の消防署員対象に講習

    横浜トヨペット(株)(宮原漢二社長)=本社・中区=は、車両の基本構造や日常的な点検作業の大切さを学ぶ講習会「クルマの基本構造および車両火災」を12月13日、川崎...(続きを読む)

    12月24日号

  • 反差別条例の課題検証

    市民団体

    反差別条例の課題検証 社会

    制定2年「ヘイトは拡大」

     全国で初めてヘイトスピーチに刑事罰を盛り込んだ「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」の制定から2年が経過した。川崎市労連会館(川崎区東田町)では12月9...(続きを読む)

    12月24日号

  • 恒例の絵馬展 準備着々

    稲毛神社

    恒例の絵馬展 準備着々 文化

    川崎ゆかりの著名人も

     稲毛神社(川崎区宮本町/市川和裕宮司)で、元日から7日まで開催される新春恒例行事「有名人慈善絵馬展」。現在、同神社にはプロスポーツ選手や芸能人、歌手、画家など...(続きを読む)

    12月24日号

  • 音楽祭に大谷さん出演

    幸区

    音楽祭に大谷さん出演 文化

    2月13日 ミューザ川崎で

     幸区役所主催の区制50周年記念「さいわいハナミズキコンサート」に、川崎市市民文化大使でバイオリニストの大谷康子さんがスペシャルゲストで出演する。そのほかピアニ...(続きを読む)

    12月24日号

  • 3回目接種券発送へ

    川崎市コロナワクチン

    3回目接種券発送へ 社会

    市民向けは1月14日

     コロナワクチンについて川崎市は16日、市民向け3回目接種券を1月14日に発送すると発表した。今年6月に2回目接種を受けた18歳以上(主に高齢者)の10万500...(続きを読む)

    12月24日号

  • 功労者2人を表彰

    県美化運動

    功労者2人を表彰 社会

    川崎区の浦野さん、髙野さん

     神奈川県は長年にわたり美化運動の推進に貢献した人を表彰しており、この度、池上新町町内会長の浦野一吉さんと、浜町3丁目町内会長の髙野詔次さんが「神奈川県美化運...(続きを読む)

    12月24日号

  • 30日から休日ダイヤ

    市バス・臨港バス

    30日から休日ダイヤ 社会

    1月4日から通常運行に

     川崎市バスと臨港バスは年末年始のダイヤをこのほど発表した。12月29日(水)までは通常通り。30日(木)から1月3日(月)までは休日ダイヤでの運行と...(続きを読む)

    12月24日号

  • 子ども食堂へ物流支援

    子ども食堂へ物流支援 コミュニティ社会

    富士通、マツダ流通の2社

     かわさきこども食堂ネットワーク(佐藤由加里代表)に12月6日、(株)ファイントゥデイ資生堂から段ボール220箱分、約1・8トンものハンドソープなどが...(続きを読む)

    12月24日号

  • ゴッツええ指導

    ゴッツええ指導 スポーツ

    ビーチバレー石島選手

     今夏、東京2020オリンピックにビーチバレーボール日本代表として出場し、「ゴッツ」の愛称で知られる石島雄介選手によるバレーボール教室が、12月12日、幸区の河...(続きを読む)

    12月24日号

  • 福祉施設に花寄贈

    川崎花卉園芸

    福祉施設に花寄贈 社会

    県馬主協会の協力で

     市内唯一の花き卸売事業者、川崎花卉園芸(株)(柴崎太喜一代表取締役社長/本社宮前区)が、このほど市内福祉施設に花の無償提供を始めた。...(続きを読む)

    12月24日号

  • 荒金さん、金井さんが受賞

    総務大臣表彰

    荒金さん、金井さんが受賞 社会

    長年の町内会活動 功績称え

     長年、町内会活動に貢献した川崎区の荒金繁さんと幸区の金井弘年さんが、地縁による団体功労者として総務大臣表彰を受けた。今年度は川崎区から1人、幸区から1人が受賞...(続きを読む)

    12月24日号

  • 記憶が蘇る曲 一冊に

    川崎ゆかり津森さん

    記憶が蘇る曲 一冊に 文化

    開発メソッド紹介

     「パーソナルソング・メソッド」を開発し、各地の認知症予防講座で普及に取り組む津森修二さんが著した『聴くだけで記憶が鮮明に蘇るパーソナルソング』(サンマーク出版...(続きを読む)

    12月24日号

  • 技量向上へ鉄人集結

    トライアスロン

    技量向上へ鉄人集結 スポーツ

     大師河原で講習会

     トライアスロン競技者の技量向上を目指した講習会が12月5日、川崎大師自動車交通安全祈祷殿駐車場(川崎区大師河原)で開催された。川崎市トライアスロン協会(嶋崎嘉...(続きを読む)

    12月24日号

  • 動物年賀状にトライを

    動物年賀状にトライを 文化

    1月7日締め切り

     夢見ヶ崎動物公園(幸区/村木芳夫園長)はイラストやメッセージを添えた動物宛の年賀状コンクールを開催する。 はがきの裏面に動物の写真、イ...(続きを読む)

    12月24日号

  • 臨港バス、「みんなでつくるカレンダー2022」応募作品を来年1月12日まで車内に展示

    【Web限定記事】

    臨港バス、「みんなでつくるカレンダー2022」応募作品を来年1月12日まで車内に展示 社会

     川崎鶴見臨港バス(平位武取締役社長)は2022年1月12日(水)まで、「みんなでつくるカレンダー」に応募された優秀作品をバス車内に展示している。...(続きを読む)

    12月17日号

  • 秋の火災予防運動で消防車両広報のアナウンスを担当した幸高校放送部員に感謝状贈呈

    【Web限定記事】幸消防署

    秋の火災予防運動で消防車両広報のアナウンスを担当した幸高校放送部員に感謝状贈呈 社会

     幸消防署(望月廣太郎署長)は12月2日、秋の火災予防運動期間中(11月9日〜15日)の消防車両広報で使用する音声を担当した、川崎市立幸高校の放送部員3人に感謝...(続きを読む)

    12月17日号

  • 幸区誕生50周年記念ロゴマークの投票、12月24日まで受付中

    【Web限定記事】

    幸区誕生50周年記念ロゴマークの投票、12月24日まで受付中 社会

     幸区役所は来年区制50周年を迎えるにあたり、募集を行った50周年記念ロゴマークの投票を受け付けている。応募総数312作品から最終候補に選ばれたのは5作品。投票...(続きを読む)

    12月17日号

  • 「命を守る政治に尽力」

    衆院選 2021 当選議員に迫る3 (全3回)

    「命を守る政治に尽力」 政治

    鈴木敦氏(33)国民民主党/神奈川10区(比例)

     初挑戦した衆院選では公示直前に出馬表明。小選挙区では落選したものの比例区で当選。3万13票を獲得した。地元の中原区で得票が多かった点は、地域に根差した政治課題...(続きを読む)

    12月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook