幸区版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

実物大『進撃の巨人』川崎に 4月、ラゾーナでイベント

文化

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena

 別冊少年マガジンで連載中の人気漫画『進撃の巨人』。同作品の累計3000万部発行を記念したイベントが4月に川崎駅前のラゾーナ川崎で行われる。同作品の編集者で、高津区在住の川窪慎太郎さん(31)がイベントを企画。プロジェクションマッピングという技術で作品に登場する60m級の巨人を出現させる。

 『進撃の巨人』は、講談社の別冊少年マガジンで諫(いさ)山(やま)創(はじめ)氏が2009年に連載を開始した作品。巨人が支配する世界を描いた同作品はヒットし、現在12巻のコミックスや関連作品が発行されている。

 編集者として同作品を支えているのが、高津区在住の川窪慎太郎さんだ。川窪さんは以前から巨大な造形物やポスターで作品に登場する巨人を表現したいと模索していたという。そこで広告代理店に勤める友人から紹介されたのがプロジェクションマッピングだった。

 プロジェクションマッピングは、建物に映像を投影する表現技術。「ビルさえあれば実物大の巨人を再現できる」と川窪さんは開催可能な場所を探し、ラゾーナ川崎を選定。川崎市などの協力を得て、イベントの開催が決定した。川窪さんは「地元で開催できるのは嬉しい」と話す。

 日程は次の通り。4月10日(木)(午後8時頃〜・8時半頃〜)、4月12日(土)(午後7時頃〜、7時半頃〜、8時頃〜、8時半頃〜)、4月13日(日)(午後7時頃〜、7時半頃〜、8時頃〜、8時半頃〜)。

幸区版のトップニュース最新6

南武線が90周年

JR東日本

南武線が90周年 社会

川崎〜登戸駅間で記念企画

2月24日号

リノベで空き家・創業者支援

川崎市

リノベで空き家・創業者支援 社会

スクールや検討会など開催

2月24日号

先見性高い継続事業充実を

幸区17年度事業

先見性高い継続事業充実を 社会

「他区の手本となるよう尽力」

2月17日号

福田市長らに請願書提出

ミニたまゆり子ども議会

福田市長らに請願書提出 社会

児童目線の町づくり議案

2月17日号

条例制定求めアピール

ヘイト対策

条例制定求めアピール 社会

斎藤文夫さんらが登壇

2月10日号

子育て支援に重点

川崎市2017年度当初予算案

子育て支援に重点 政治

過去最大規模7,088億円を計上

2月10日号