幸区版 掲載号:2014年3月28日号 エリアトップへ

川崎市 PM2・5測定局3カ所増設 監視体制を拡充

掲載号:2014年3月28日号

  • LINE
  • hatena
柿生自排局のPM2.5自動測定機
柿生自排局のPM2.5自動測定機

 川崎市はこのほど、微小粒子状物質PM2・5測定局を川崎区、麻生区に3カ所増設した。これまで市内にあった測定局は11カ所。PM2・5に関する市民の関心が高まっているため、監視体制の拡充を図る。

 PM2・5の測定局には2種類あり、市内には、一般環境大気を測定する一般局が大師、幸、中原、高津、宮前、麻生の6カ所、自動車排出ガスを測定する自排局が池上、日進町、二子、宮前平駅前、本村橋の5カ所にこれまで設置されており、常時監視、測定が行われてきた。これらに加え市は2月までに、市役所第4庁舎内と田島こども文化センター内に一般局、柿生消防署柿生出張所内に自排局を設置し、測定を開始した。

 増設でより詳細な市内の状況把握が可能になった。市環境局は「市民の社会的関心が高まっているため、計画的に監視体制の拡充を図った」としている。

濃度上昇で人体に影響も

 PM2・5とは、大気中に浮遊している2・5マイクロ・メートル(1マイクロ・メートルは1㎜の千分の1)以下の小さな粒子のこと。髪の毛の太さの30分の1程度の大きさのため、人間の肺の奥深くまで入りやすく、呼吸器系への影響に加え、循環器系への影響が懸念される。

 国立環境研究所の菅田誠治主任研究員は「一般的にこれからの春先には高濃度になる場合が多いが、季節に関係なく濃度が上昇することがある」としている。

 環境省によると、人が健康でいるために適切な環境水準としては、1年平均値が1㎥あたり15マイクロ・グラム以下、かつ1日平均値1㎥あたり35マイクロ・グラム以下と定められている。しかし、2月下旬、PM2・5の濃度が北陸や近畿地方を中心に上昇し、一日の平均値が国の指針である、大気1㎥あたり70マイクロ・グラムを超えると予測されたため、10府県が注意喚起を行った。

 市内の計14カ所で測定された結果は、市のホームページ(http://sc.city.kawasaki.jp/taiki/HOURLY/HT01I20140303.html)で1時間単位で更新され、公開されている。
 

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号