幸区版 掲載号:2014年4月25日号 エリアトップへ

4月1日付で幸消防署長に就任した 村上 公憲さん 横浜市在住 58歳

掲載号:2014年4月25日号

  • LINE
  • hatena

地域力で防災力強化を

 ○…春の人事で第19代幸消防署長に就任した。初めての署長職に「区民や署員の命を預かったような思い。重責を感じている」と身を引き締める。就任後は消防団や行政、外郭団体などの関係機関と意見交換を交わし、連携を深めてきた。「消防署だけでは地域の安心と安全は守れない。警察や自主防災組織の皆さんと情報交換しながら、なって区民の安全と大切な財産を守っていきたい」と意気込む。

 ○…岩手県出身。大学卒業後、民間企業に就職するも「人の役に立つ仕事がしたい」と1年半で退社し、79年に入庁した。中原署からキャリアをスタートさせ、現場を中心に活躍。多摩消防署警防課長や中原消防署副署長などを歴任した。前任の市消防局施設装備課では、災害現場に必要な装備等の配備に尽力。常に現場の署員の声に耳を傾け、設備や装備の充実を図ってきた。「現場が安全に働きやすくなるのが最優先。幸署でも現場の署員の声に耳を傾け、働きやすい職場環境を作れたら」

 ○…息抜きは、夫人とのハイキング。署長就任以降は、多忙で行けてないというが「時間ができたら、景色のいいところに行きたいね」と笑みを見せる。その他にも、ガーデニングやジョギングなど、休日は外で体を動かすことが多い。「いつまた現場に出るか分からないですから。体を動かして準備しておかないとね」

 ○…加瀬出張所の所長を務めて以来15年ぶりの幸区勤務。特に駅前は、大型商業施設やマンションが立ち並ぶなど、当時とは景観が大きく変わっているというが「しっかり地域の特性を把握して防災力の向上を図っていく」と言葉を強める。今後発生が予想される首都直下型地震に対しては、「減災には地域との連携が不可欠」との見解を示す。「防災の原点は地域にある。特に大災害時は地域間のつながりが重要。顔の見える関係作りのサポートができたら」。地域力向上へ様々なアイディアを出していく。

幸区版の人物風土記最新6

鬼木 達(とおる)さん

今シーズン、川崎フロンターレの監督に就任した

鬼木 達(とおる)さん

川崎市在住 42歳

2月24日号

曽我 小百合さん

NFLチアリーダーのオーディション合格をめざし渡米する

曽我 小百合さん

高津区在住 34歳

2月10日号

大須賀 敦さん

「かわさきFM」の番組でメインパーソナリティを務める

大須賀 敦さん

川崎区在住 36歳

2月3日号

鈴木 隆司さん

西宮神社開門神事「福男選び」で10日、一番福を勝ち取った

鈴木 隆司さん

麻生区在住 21歳

1月27日号

庄司 佳子(よしこ)さん

日吉地区の魅力を伝える、日吉の「わッ」実行委員会の委員長を務める

庄司 佳子(よしこ)さん

南加瀬在住 64歳

1月20日号

小林 由紀子さん

幸区薬剤師会会長を約10年にわたり務める

小林 由紀子さん

戸手在住 73歳

1月13日号