幸区版 掲載号:2014年4月25日号 エリアトップへ

てくの主催 川崎発のRCカー組み立て サーキット走行体験も

文化

掲載号:2014年4月25日号

  • LINE
  • hatena
一から組み立てて、12回での完成を目指す
一から組み立てて、12回での完成を目指す

 川崎区の東扇島東公園で2年前にレースが行われた川崎発の大型ラジコンカー「スケールスポーツ」を一からつくりあげる「ラジコン製作教室」が高津区のてくのかわさき(川崎市生活文化会館)で開催される。全12回で最終回にはサーキットでの走行体験も実施。「ものづくりの楽しさ、奥深さを味わってもらえれば」と、主催者は参加を呼びかける。

1年かけて完成

 「スケールスポーツ」は、「ホビーからみんなが楽しめるスポーツへ」「ケガのないモータースポーツ」をテーマに、麻生区の(株)三矢研究所(古澤利夫代表取締役)が設計、製造を行っている。実車の5分の1サイズ(全長約80cm×全幅約35cm)でレギュラーガソリンで走行。1リットルあたり80Km走り、最高速度は55Km以上にのぼるという。09年度には川崎市や川崎商工会議所が認定する「第6回川崎ものづくりブランド」に選ばれ、サッカーJ1・川崎フロンターレ主催ゲームで走行パフォーマンスを行ったことでも知られる。2年前には東扇島東公園で「スケールスポーツ川崎グランプリ」と銘打ったレースが行われ、多くの来場者を魅了した。

 教室は「自動車は買って乗るだけではない。実際に作り上れば、製造者の気持ちが分かり、運転がもっと楽しくなるはず」との思いから企画。てくのかわさき主催、(株)三矢研究所共催で実施されることになった。

オリジナルの車に

 全12回の講座では、エンジンやタイヤ、サスペンションの構造などを学びながら作りあげ、ボディ塗装なども自分で施す。最後はサーキットで実際に走らせる。

 期間は5月24日から15年4月25日までの毎月第3あるいは第4土曜日の午後6時30分から9時まで。会場はてくのかわさき工作実習室。費用は1回1万円。

 定員は先着20人。締め切りは5月16日。

 申し込み、詳細は、てくのかわさき(【電話】044・812・1090)。

幸区版のトップニュース最新6

南武線が90周年

JR東日本

南武線が90周年 社会

川崎〜登戸駅間で記念企画

2月24日号

リノベで空き家・創業者支援

川崎市

リノベで空き家・創業者支援 社会

スクールや検討会など開催

2月24日号

先見性高い継続事業充実を

幸区17年度事業

先見性高い継続事業充実を 社会

「他区の手本となるよう尽力」

2月17日号

福田市長らに請願書提出

ミニたまゆり子ども議会

福田市長らに請願書提出 社会

児童目線の町づくり議案

2月17日号

条例制定求めアピール

ヘイト対策

条例制定求めアピール 社会

斎藤文夫さんらが登壇

2月10日号

子育て支援に重点

川崎市2017年度当初予算案

子育て支援に重点 政治

過去最大規模7,088億円を計上

2月10日号