幸区版 掲載号:2014年4月25日号 エリアトップへ

多摩川にハマグリの姿 市民団体が調査

社会

掲載号:2014年4月25日号

  • LINE
  • hatena
採れたハマグリを手に乗せ、サイズを計る多摩川クラブのメンバー(右が中本さん/多摩川クラブ提供)
採れたハマグリを手に乗せ、サイズを計る多摩川クラブのメンバー(右が中本さん/多摩川クラブ提供)

 多摩川に「ハマグリが還って」きた。市民団体「多摩川クラブ」のメンバー8人が、3月31日に多摩川河口付近の干潟で生息調査を行ったところ、1時間に12個のハマグリが採れた。

 かつて多摩川にはハマグリが生息し、明治・大正時代にはアサリやアオヤギなどとあわせて貝捲き漁が盛んに行われていた。「ハマグリ鍋」が川崎の名物にもなるほどだったが、高度経済成長以降、工場排水や生活排水等で多摩川が汚染され、生物は姿を消した。東京湾ではハマグリが絶滅したとも言われていた。

 下水道の普及など、行政の取り組みにより徐々に水質が改善した多摩川には、数年前にはシジミの姿が見られるようになるなど、生物が再び生息するようになったという。

 同クラブがハマグリの調査を行う発端となったのは09年。メンバーで俳優の中本賢さんが同年、干潟でハマグリを偶然発見し、千葉県立中央博物館がハマグリと判定したことがきっかけだった。それ以来、メンバーは多摩川を訪れる度にハマグリの存在を確認し続けてきた。

 ハマグリを見守ってきた同クラブは、ここのところハマグリを採りに来る人が増えてきたことから、環境再生の観点を訴えたいと思い、存在を公表した。多摩川が辿ってきた過程を見続けてきた、同クラブメンバーの阿部英夫さんは「私が子どもの頃は『多摩川に手を入れたら腐る』とまで言われていた。当時、川崎は公害で苦しんだけれど、自分たちの街にこんなにもきれいになった場所があるという喜びを感じてもらえたら」と話す。同クラブとしては、環境再生の産物としてハマグリを残していきたいとし、採っても小さいものは放すなどの配慮を呼び掛けている。

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号