幸区版 掲載号:2014年10月31日号 エリアトップへ

性同一性障害を知って ある母子の経験談から㊦

社会

掲載号:2014年10月31日号

  • LINE
  • hatena

 女性として生まれながらも、心は男性という性同一性障害(GID)の諭吉さん(仮名)は、女子がズボン着用可能な高校に入学した。諭吉さんの成績からすれば、もっと上位校にも進学できたが「制服を基準にした結果、選べる学校は限られた」という。

 諭吉さんは入学に際し、名前を変える選択肢もあったが、そうはしなかった。「将来的には男性として生活することを心に決めていました。ただ、どのように段階を踏んでいけばいいのか、改名はできるのか、家族は理解してくれるのだろうかと悩みました」という。しかし、在学中に名前を変更し、最終的には男性名で卒業証書を受け取った。

 学校生活を振り返ると、トイレや体育の着替えには苦労したという。「大人の理解が進まなかったことも大変だった」と母親の一葉(仮名)さんは語る。

 諭吉さんは今、専門学校に通い、ホルモン治療を行っている。そして、彼女もいる生活を送る。

 「今まで以上に自分らしく生きてもらいたい」と一葉さんは願う。    (完)

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号