幸区版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

「市民の一番近くで働く」 沼沢市議が決意

社会

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena
沼沢市議が決意新たに
沼沢市議が決意新たに

 沼沢和明市議(公明)は2月21日、幸市民館で春の市政報告会を実施。国会議員や関係者、支援者など約650人が来場した。

 挨拶に立った沼沢市議は個人情報の不正取得を防ぐための「本人通知制度」や、幼児の死亡事故が発生した塚越踏切手前の「歩道整備」、事故が多かった鶴見川に昇る階段への手すり設置など、これまでの実績を報告。

 学校給食費の徴収方法についても言及し、「全国では私的流用事件も頻発している。平成29年度から中学校給食も実施されることから現在の私会計から、市が徴収・管理する公会計化に移行することが急務」と持論を展開。続けて「未納対策や透明化も図れる」と導入のメリットを話した。

 最後に同氏は「今後も市民の一番近くで、命と暮らしを守るために必死に働いていく」と決意を述べた。
 

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号