幸区版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

市イメージアップ事業 今年度は6件を認定 アートイベントなど

文化

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena

 市民・企業、団体が考えた川崎市の魅力づくり活動を市が支援するイメージアップ事業の認定事業が4月10日、発表された。

 今年度の応募は16事業。有識者らによる審査の結果、6事業が認定された。新規事業が5件、昨年からの継続事業が1件だった。

 新規事業はアートイベントを通じての、川崎の文化的・先進的なイメージの発信、スポーツイベントを通じた「スポーツのまち・かわさき」のPR、バスカーライブなどの音楽活動、福祉事業所に通う障害者への就労体験コーディネート事業など。

 継続事業は2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を見据えた障害者スポーツの促進を行い「障害者スポーツに力を入れる川崎市」のイメージを発信していく。

 認定された事業には直接経費の2分の1(50万円を限度)が助成される。また、市広報媒体を使ってPRも行われる予定。

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号