幸区版 掲載号:2015年5月22日号 エリアトップへ

創立60周年を祝う 土地家屋調査士会 川崎支部

社会

掲載号:2015年5月22日号

  • LINE
  • hatena
挨拶に立つ渡部支部長
挨拶に立つ渡部支部長

 神奈川県土地家屋調査士会川崎支部(渡部清一支部長)は5月14日、同支部創立60周年記念式典と祝賀会をホテルKSPで開いた。合わせて、第60回定時総会も実施した。

 渡部支部長は、参加した来賓や支部会員ら約90人を前に、「皆さまと60周年を迎えられたことは、この上ない喜び。ほかの支部から『川崎支部はいいね』と言われるのも、先輩方が築いてくれたものと感謝しています」と挨拶した。

 1983年に調査士事務所(有)ワタベ測量を立ち上げた渡部支部長は、支部内でソフトボール大会や花見などをした思い出を振り返り、「川崎支部は60年を迎え、祖父から孫へと続く歴史がある。70年、80年と歩んでいくことを望んでいます」と締めくくった。同支部の周年行事記念式典は初めて行われ、支部の歴史や会員の紹介を載せた記念誌も発行した。

 また、来賓として訪れた福田紀彦市長は「歴代の支部長が築いてきた60年の歩みがあって、今日の皆さまがある。今後、土地の事情が変化していった時には皆様専門家の方に学びながら、一緒に良い街づくりをしていければ」と話した。

 土地家屋調査士は不動産表示に関する登記の専門家として、必要な土地や家屋に関する調査や測量を行い、登記手続きなどを実施する。同支部は現在、市内で調査士事務所を構える約100人の会員で構成されている。

 また、税理士や行政書士など市内6士業による交流会、街頭無料相談会等を実施している。

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号