幸区版 掲載号:2015年6月5日号 エリアトップへ

川崎の「ランドマーク」閉店 さいか屋

社会

掲載号:2015年6月5日号

  • LINE
  • hatena
鈴木店長ら店頭に立ち、深々とあいさつ
鈴木店長ら店頭に立ち、深々とあいさつ

 59年にわたって川崎駅前の「ランドマーク」として区民に親しまれてきた老舗百貨店「さいか屋川崎店」が5月31日、閉店した。

 同店は1956年(昭和31年)にオープン。最盛期の08年頃には200億円以上の売上高があったが、消費の冷え込みやリーマンショックなどの影響により、近年は100億円台に低迷していた。09年には私的整理手法の一つである事業再生ADR(裁判外紛争解決)を申請。建物と不動産を売却し、リースバックながら営業を続けていたが、建物の賃貸契約が5月31日で満了となることを受けて閉店となった。

 最終日は「通常の週末の2倍以上の買い物客」(さいか屋)が訪れ、バーゲン品などを買い求めた。開店当時のさいか屋の建物や同社の入社試験の様子などが撮影された写真パネルが展示された一角では、買い物の足を止めて往年を懐かしむ人の姿が見られた。また、思い出に残そうと店内を撮影する人もいた。

 営業終了時には鈴木士文(ひとふみ)店長が店頭に立ち「59年の支援に感謝したい」とあいさつ。シャッターが下りるまで深々と頭を下げた。

 鋼管通に住む仲川正子さんは「幼少の頃からあるなじみ深いデパート。母親となってからは子どもと屋上で遊び、レストランでお子様ランチを食べたのが思い出。ペットショップもよく利用していた。この建物が閉店するのは寂しい」と話した。

 さいか屋は小川町での営業は終了となるが6月3日から川崎日航ホテル3階でサテライト型店舗として継続。中元・歳暮ギフトや学生服を販売するほか、官庁への外商事業を行う。

閉店を惜しみ、携帯電話などで店を撮影する人たち
閉店を惜しみ、携帯電話などで店を撮影する人たち

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号