幸区版 掲載号:2015年6月19日号 エリアトップへ

川崎市 空家問題解消へ 特措法うけルールづくり

社会

掲載号:2015年6月19日号

  • LINE
  • hatena

 全国で急増する空家問題に対応する『空家等対策の推進に関する特別措置法』が、先ごろ全面施行された。川崎市も同法を適用した制度づくりなどを進めている。

 総務省によると、住宅の供給過多と人口減を背景に急増する全国の空家は2013年現在、約820万戸。国は「適切な管理が行われていない空家等が防災、衛生、景観等で深刻な影響を及ぼしており、地域住民の生命・身体・財産の保護などの対応が必要」との観点から同法を制定した。

 特別措置法では、老朽化し倒壊の恐れがある家屋や「ゴミ屋敷」といった家屋などを「特定空家等」と位置付け、最終的には自治体の権限で強制撤去までできる。またこれまで困難だった所有者の特定についても、固定資産税の納税情報が利用できるようになり、早期特定が可能になる。

 川崎市でも空家数は増加している(表参照)。市は同法について「固定資産税の情報を利用できるようになったことなどは、一歩前進」と評価。施行に伴い今年2月から庁内関係部署による会議を立ち上げ、市としての統一した対応を図るためのルールづくりを進めている。施行をうけ「国から細かく定義づけされている部分もあり、今後の国による説明会を受けたあとに改めて会議を開く」としており、具体的な運用にはまだ時間がかかる見通し。

 市が強制撤去した場合の費用を所有者に負担させる制度づくりなど、問題解決への有効なシステムづくりが求められる。

 なお、同法に連動し、自治体から勧告を受けた特定空家等にかかる土地は、固定資産税の減免措置対象から除外され、所有者はより早急な対応を図らなければ負担が増えることになる。

幸区版のトップニュース最新6

南武線が90周年

JR東日本

南武線が90周年 社会

川崎〜登戸駅間で記念企画

2月24日号

リノベで空き家・創業者支援

川崎市

リノベで空き家・創業者支援 社会

スクールや検討会など開催

2月24日号

先見性高い継続事業充実を

幸区17年度事業

先見性高い継続事業充実を 社会

「他区の手本となるよう尽力」

2月17日号

福田市長らに請願書提出

ミニたまゆり子ども議会

福田市長らに請願書提出 社会

児童目線の町づくり議案

2月17日号

条例制定求めアピール

ヘイト対策

条例制定求めアピール 社会

斎藤文夫さんらが登壇

2月10日号

子育て支援に重点

川崎市2017年度当初予算案

子育て支援に重点 政治

過去最大規模7,088億円を計上

2月10日号