幸区版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

南河原小児童 福田市長らに新茶贈る 茶に関する学習も実施

教育

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena
福田市長に新茶を手渡す南河原小児童
福田市長に新茶を手渡す南河原小児童

 南河原小学校の6年生児童が15日、市長室を訪れ、自分たちで育て作った新茶を福田紀彦市長に贈呈した。この日、訪れたのは学年を代表して青木佑輔くん、朝倉智裕くん、小野寺悠真くん、波多野一樹くんの4人と青木由秋校長、担任の定村晴夫さんのほか、製茶指導を行う元PTA会長で茶舗を経営する田辺幸男さんの7人。

 同校では自然とふれあう体験活動を行っており、6年生は校庭の一角にある茶畑で栽培、茶摘み、製茶作業までを実施している。毎年、出来上がったお茶を市長や教育長に贈っている。

 市長室では、児童らが製茶までの工程を描いた絵や写真を用い、製茶作業の説明を行った。その後、お茶を口にした福田市長は「甘くて、とてもおいしい」と絶賛した。「みんなが作った貴重なお茶をもらっていいのかな」と新茶を手にし、笑顔で話した。児童らは「蒸かしたお茶を乾燥させるために、鉄板の上でお茶をもむ作業が大変だった」と製茶の難しさを話した。

 同校では1983年に県津久井農業試験場から、お茶の木を譲り受け、茶畑で育ててきた。種類は「おくみどり」「やぶきた」「さやまかおり」の3種類。収穫時期は異なるが、5月初旬に収穫することが多いという。また、この茶摘みを通して、「お茶に関する研究」にも取り組む。

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号