幸区版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

川崎市 SNSで子ども情報発信 7区の統一ページを開設

社会

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena
完成したページをアピールするこども支援室の職員
完成したページをアピールするこども支援室の職員

 川崎市内7区のこども支援室がFacebookとTwitterのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を活用した子ども・子育てに関する情報発信を7月7日からスタートさせた。今年度、同事業の幹事を務める高津区こども支援室によると、それぞれの区で情報発信するのではなく、7区の情報を一つにまとめることで様々な効果が期待できるという。

 これまで各区の子ども情報の発信手段は、市の広報紙「市政だより」の掲載かチラシが主だった。

 昨年10月から宮前区役所こども支援室がFacebookとTwitterを活用した情報発信をスタート。当時の宮前区こども支援室長で現高津区こども支援室長の青山正彦さんは「子育て世代の親たちはスマホやパソコンで情報を入手することが多い。手軽で無料。SNSの利便性、速報性を使わない手はない。写真や動画も配信できるし、地元だけでなく全国にも情報発信できる」とSNSの有用性について語る。

 宮前区での事業をベースに今年度は7区こども支援室の統一ページを企画し、7月7日にページを開設した。それぞれの区のこども支援室が子ども・子育てに関するイベント情報などを投稿する。

 7区のサービスを一つのページで配信することで、区境に住む市民が参加しやすいイベント情報を得たり、市内の様々な子ども情報を入手することができる。

 また青山さんは「7区統一にすることで他区のイベントなども一緒に紹介される。他区と比較されることになるので職員の刺激にもなる。競争意識でより良い子育て環境が整備できれば」と話す。

 それぞれのアドレスはFacebook(https://www.facebook.com/kawasaki.kodomosien)、Twitter(@kawasaki_kodomo)。市ホームページ(http://www.city.kawasaki.jp/takatsu/page/0000068973.html)にリンクが貼られている。

幸区版のトップニュース最新6

南武線が90周年

JR東日本

南武線が90周年 社会

川崎〜登戸駅間で記念企画

2月24日号

リノベで空き家・創業者支援

川崎市

リノベで空き家・創業者支援 社会

スクールや検討会など開催

2月24日号

先見性高い継続事業充実を

幸区17年度事業

先見性高い継続事業充実を 社会

「他区の手本となるよう尽力」

2月17日号

福田市長らに請願書提出

ミニたまゆり子ども議会

福田市長らに請願書提出 社会

児童目線の町づくり議案

2月17日号

条例制定求めアピール

ヘイト対策

条例制定求めアピール 社会

斎藤文夫さんらが登壇

2月10日号

子育て支援に重点

川崎市2017年度当初予算案

子育て支援に重点 政治

過去最大規模7,088億円を計上

2月10日号