幸区版 掲載号:2016年2月19日号 エリアトップへ

市民活動を「あとおし」 29日まで寄付を受付

社会

掲載号:2016年2月19日号

  • LINE
  • hatena

 お金の地産地消へ―。市民による寄付で市民の課題解決などの仕組みをつくろうと活動する市民の団体「一般財団法人かわさき市民しきん」が設立して9カ月が経とうとしている。

 同法人が取り組むプログラムのひとつで、市民が市民活動に寄付する「事業支援しきんあとおし」。寄付の締め切りが2月29日に迫るが、目標としている金額には「ほど遠い」のが現状だ。

 現在、活動資金を募っているのは「中学生向け暴力防止の活動」「障害者の就労体験」「小中高生へのキャリア教育」「在日コリアンの生活史の資料づくり」の4事業。それぞれの活動の詳細はWEB(「かわさき市民しきん」で検索)で紹介されている。

 同法人の代表理事を務める廣岡希美さんは「市民の皆さんに『川崎にもこういう活動がある』ということを知ってもらえたら」と話す。

 問い合わせは同法人【電話】044・873・4586。

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号