幸区版 掲載号:2016年5月20日号 エリアトップへ

川崎市 保留児童 2,554人に 入所申請者は過去最多

社会

掲載号:2016年5月20日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は5月6日、希望の保育所に入れなかった保留児童数が、4月1日時点で前年比323人増の2554人だったと発表した。転入増に伴う就学前児童数の増加、入所申請者の大幅増などが要因に挙げられる。

待機児童中原区に6人

 厚生労働省の定義に基づいた川崎市の待機児童数(4月1日時点)は、市全体で中原区の6人。昨年初めてゼロを達成したが、武蔵小杉駅周辺など大型マンションの開発による若い世代の転入増などが一因と見られている。

 市は「昨年の待機児童解消の影響で、保育所への申請率も大幅に伸びている。一般住宅に比べて大規模集合住宅では申請率が非常に高く、入居開始後からしばらく上昇傾向にある」と分析している。

 入所申請者数は市全体で前年度比2312人増の2万7576人、入所者数は1989人増の2万5022人でいずれも過去最多。入所できなかった児童数は2554人で、そのうち市認定の保育園や一時保育の利用者、第1希望に入れず他の入所可能な保育所を辞退したケースなど2548人は待機児童に含まれない。

 認可保育所の整備について市は昨年度、待機児童の多い重点地区を定めて追加募集を行うなど、定員を1455人増やした。市認定保育園の認可化による定員増なども含め、前年比1605人増の合計2万3945人としている。

区役所に対策会議

 さらに、市は課題解決に向けて、福田紀彦市長らによる「待機児童対策推進本部」を設置し、昨年度は会合を10回開催。区ごとには「区役所待機児童対策推進会議」を設け、幸区で10回、7区計69回の会合を開いている。福田市長は6日の会見で「(待機児童)ゼロが目的ではないが、引き続きゼロを目指す。子どものいる親が安心して働ける環境整備に取り組みたい」と抱負を語った。

幸区版のトップニュース最新6

南武線が90周年

JR東日本

南武線が90周年 社会

川崎〜登戸駅間で記念企画

2月24日号

リノベで空き家・創業者支援

川崎市

リノベで空き家・創業者支援 社会

スクールや検討会など開催

2月24日号

先見性高い継続事業充実を

幸区17年度事業

先見性高い継続事業充実を 社会

「他区の手本となるよう尽力」

2月17日号

福田市長らに請願書提出

ミニたまゆり子ども議会

福田市長らに請願書提出 社会

児童目線の町づくり議案

2月17日号

条例制定求めアピール

ヘイト対策

条例制定求めアピール 社会

斎藤文夫さんらが登壇

2月10日号

子育て支援に重点

川崎市2017年度当初予算案

子育て支援に重点 政治

過去最大規模7,088億円を計上

2月10日号