幸区版 掲載号:2016年5月20日号 エリアトップへ

ヘイトデモ実態知って 溝口でパネル展

社会

掲載号:2016年5月20日号

  • LINE
  • hatena
反ヘイトの抗議活動の最中警官ともみ合いにある市民(撮影/ヤベシンタ)
反ヘイトの抗議活動の最中警官ともみ合いにある市民(撮影/ヤベシンタ)

 川崎南部で繰り返し行われているヘイトスピーチ(憎悪と差別の扇動表現)デモの実態を伝えるパネル展があす21日(土)、溝口駅前のキラリデッキで開かれる。

 差別デモへの抗議活動を続ける市民団体「クラック川崎」と「差別反対 女組」が共催。同会場で行われる「第22回 公害・環境、健康、街づくりフェスタ」の一角を間借りして行う。

 在日コリアンをはじめとした外国人市民に差別をあおるヘイトスピーチデモは全国的に行われ、川崎ではこれまで12回実施されている。事態の深刻化を受け、国会でヘイト根絶の法案化が審議され、今国会で成立する見込みとなった。

 パネル展では昨年11月と今年1月に川崎区で行われた記録を写真や映像で紹介し、報道資料なども展示する。会場ではカウンター(抗議活動)活動に参加してきたクラック川崎のメンバーらがパネルやヘイトデモの実態について説明する。

 クラック川崎の前野公彦さんは「ヘイトスピーチは共生を目指す地域社会を分断し社会・生活環境を壊すほか、青少年・児童への教育の悪影響も懸念される。近隣諸国との外交関係をベースに憎悪と差別を先導している点からも戦争への道の重要なファクターにもなる。川崎南部の問題としてとらえず、より多くの市民に知っていただければ」と来場を呼び掛ける。午前11時から午後3時。入場無料。

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号