幸区版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

「こども食堂」を考える 市民館で講座スタート

社会

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena
意見を出し合う参加者
意見を出し合う参加者

 無料か低価格で食事をとることができる「こども食堂」。子どもの貧困問題の解決策やコミュニケーションの場として、全国各地で立ち上げられている。

 そうした動きを受けて幸市民館と幸区地域教育会議は、講演やこども食堂の見学を通して「こども食堂とは何か」を学ぶ講座を5月14日から開始した。講座は8月6日まで計8回行われる。

 初回は主催者を含む市民ら16人が参加。前幸市民館館長の中村高明さんが講師を務め、子どもの貧困を無くすためにできることや幸区でこども食堂を実践するための課題などを話し合った。

 参加者からは「地域の子どもの現状を知ることが必要」「こども食堂に来る子どもがいじめの対象になるのでは」「そもそも『こども食堂』という名称で活動して良いのか」といった意見が挙がった。

 同館担当者は「講座をきっかけに、こども食堂が大人と子どものコミュニケーションの場としても区内で広がってほしい」と話す。

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号